日本人サッカー選手の年収(年俸)ランキング2017!海外は超高額!

Jリーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本田圭佑


このところ日本代表は、ワールドカップ本大会には5大会連続で出場し、すっかり常連として定着しています。

そして、日本人選手にも海外のチームから、積極的なオファーがくるなど、かつてとはまるで様変わりしています。

ヨーロッパの主要リーグでも、日本人選手の増加数は5位に入るなど、多数の日本人選手が海外で活躍する時代。

とはいえ、レギュラーとして試合に出場している日本人選手は、そう多くはありません。

本田圭佑選手や、香川真司選手のような、日本代表のレギュラーメンバーでさえも、海外クラブではレギュラーの座を確保しているとは言えない状態なのです。

そして、もう一つ気になることは、日本人選手の国内での年収(年俸)と、海外での年収(年俸)には、非常に大きな差があることです。

そこで本記事では、日本人サッカー選手の年収(年俸)を、国内と海外で別々にランキングしてみました。

日本人のプロサッカー選手が年収(年俸)にして、はたしてどれくらい稼いでいるのかを見ていこうと思います!

[adsense]

Jリーグの日本人選手年収(年俸)ランキング

1993年に10チームからスタートした日本国内のプロサッカーリーグ『Jリーグ』。

当時は、まだ現在のようにJリーグも3部まで存在したわけではなく、今で言うJ1リーグしか存在していませんでした。

それでも、三浦知良選手(現・横浜FC)や、ラモス瑠偉さんなど、当時のヴェルディ川崎(現:東京V)と、井原正巳さん、木村和司さん(現:サッカー解説者)など、スター選手も数多く輩出されてきました。

当時のJリーグは、日本には存在しなかった『プロのサッカーリーグ』として爆発的な人気を呼び、一時はプロ野球をも上回る勢いがありましたね。

1 2 3 4
ページトップへ