ハイレゾとは?言葉の意味とCDとの音質の違いを解説!

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイレゾ


ここ最近、

『ハイレゾ音源』

という単語をよく聞くようになりましたね。

みなさんは、このハイレゾという言葉の意味を知っていますか?

意外と知らない人もいるようですし、

『CDと何が違うのか?』

と筆者のように疑問を抱いている人もいるかと思います。

そこで当記事では、ハイレゾとCDの違いについて調べてみることにしました。

[adsense]

ハイレゾとはどういう意味?

まずは、ハイレゾの意味から調べてみることにしました。

調べてみると、どうやらハイレゾというのは通称で、正式には

『ハイレゾリューションオーディオ』

と呼ぶみたいです。

ハイレゾリューションというのは、意味としては

『高解像度』

となります。

このことからわかるかもしれませんが、ハイレゾというのは、もともとは画像の解像度を表す単語で、

『標準のドット数を上回る高密度なもの画像』

のことを指していました。

この高密度という部分を、データ化された音に当てはめ、音もハイレゾと呼ばれるようになったわけですね。

 

ハイレゾとCDの音質の違いを解説!

ここまででハイレゾという言葉の意味はわかりました。

では具体的に、ハイレゾはCDと何が違うのでしょう?

このハイレゾとCDの違いについても、先ほど触れたように、

『解像度の違い』

つまり画像と同じように考えれば、少しはわかりやすくなるかと思います。

例えるならば…

ファミコンのドット絵で書かれたキャラクターと、線画で描かれたキャラクターぐらいの違い

となるでしょうか。

ドット絵とは、ピクロスやお絵かきロジックなどで描かれる、正方形の集合体で描かれた絵のことを指します。

このドット絵は、正方形が最小単位となるので、あまり細かい表現はできませんが、その分、簡素に表現できる特徴があります。

1 2 3
ページトップへ