口喧嘩で相手に勝つ方法や強くなるコツ!負けるパターンは怒り?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おこな男性


拳を振り上げた喧嘩は、理由が何であれ喧嘩両成敗で罰せられます。

それがなぜか口喧嘩となると、言葉でどれだけ相手を傷つけても、誰にも文句を言われなかったりします。

正直、口喧嘩も拳による喧嘩も、行為そのものは同じことで、とても許されたことではありません。

ただ裁判でも有罪・無罪を争うように、時には口論という形で、口喧嘩しなければならない時があるのも事実です。

そこで本記事では、最悪の事態に備えて、相手に勝つため口喧嘩が強くなるコツ・方法・対策をお話していきましょう。

[adsense]

口喧嘩はどんなときに起こるの?

みなさんは口喧嘩をしたことがありますか?

きっと誰もがこれまでの人生の中で、1度や2度は『口喧嘩の経験がある』と答えることと思います。

ただ本当は、喧嘩のない世の中が続いていけば、一番良いのです。

しかし、人間という生き物は、愚かな面を持ち併せているので、自分の主義主張を強引に押し通そうとします。

その結果、それに不満を持つ人達と衝突し、それが口喧嘩へと発展することは、しばしばあるのです。

口喧嘩で済めば、まだ不幸中の幸いなのかもしれません。

実際に取っ組み合いにエスカレートし、最悪、相手を命を奪うなんて事件になってしまうこともあるのです。

ちょっとした喧嘩と言っても、ゾッとする光景だといえますね。

 

このように、できることなら避けたい口喧嘩ですが、そもそもなぜ口喧嘩は起こってしまうのでしょうか?

簡単に言えば、相手への理解不足・思いやりの欠如に尽きると思います。

例えば、ドラマ『下町ロケット』で、ナカシマ工業が佃製作所に対して起こした特許侵害訴訟も、相手への配慮が全くありません。

佃製作所の持つ技術力を狙って起こした、ナカシマ工業側のワガママな訴訟裁判で、当然、佃製作所も自身を守るために戦います。

1 2 3 4
ページトップへ