【熱愛】菅田将暉の歴代彼女まとめ!菜々緒・本田翼・小松菜奈

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社交的なムードメーカータイプで、偏差値の非常に高い高校を卒業しているそうです。

ただし菅田将暉は『コレ!』と思ったら、たとえそれが周囲から変な誤解を生んでしまうとしても、

気にすることなく一直線に突き進むタイプなのだとか

菅田将暉の役者としての考え方も、まさにその一つの表れだと言われています。

彼の周囲の人は、菅田将暉のことを、根っからの『役者バカ』と評価している様子。

縦横無尽にどんな役でも器用に演じるだけでなく、役者として与えられた役を演じきるために、常に研究熱心。

事と次第によっては、その役を演じきるために必要なスキルを、猛特訓してまで会得しています。

演技のためなら、どんな苦労でも買って出るタイプの、真のプロの役者なのです。

そのプロ根性はauのCMで、菅田将暉が演じた、鬼ちゃん役でも発揮しているよう。

実は、あのauのCM(三太郎・鬼ちゃん編第1弾)では、金太郎役の濱田岳に話しかける

菅田将暉(鬼ちゃん)のセリフの大半が、アドリブだというから驚きです…。

このCM一本にしても、30分くらい喋っていたんだとか…。

しかしCM『三太郎』で使われているのは最大30秒。

たった30秒ぐらいなら、適当に喋っていればいいものを、菅田将暉は『鬼ちゃん』になりきって、明らかにチャラく金太郎に語りかけているのです。

生粋の役者バカで、制作サイドの期待に応えようと演じきる、菅田将暉のプロ根性を魅せつけられたような気がしますね。

NHK『ごちそうさん』で、東出昌大演じる西門悠太郎の息子(西門泰介)を演じた時のことです。

1 2 3 4
ページトップへ