媚空(映画)のストーリー結末ネタバレ!秋元才加の演技力は?

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
秋元才加

肉体的な潜在能力が最大限に活かされる特撮ドラマのキャストとして、秋元才加さんが起用された牙狼シリーズ。

そのスピンオフ映画『媚空』で、

秋元才加さんが主演を演じる

ことになりました。

 

映画『媚空』は、2015年11月14日公開しています。

『媚空』観覧後の評判では、『結構面白かった』声も聞かれています。

まぁ、純粋なラブロマンスよりも、アクションムービーのほうが、秋元才加さんに向いています。

一部のファンは、秋元才加さんのことをアスリートのように見ている人もいますから、アクション度の高い映画として見どころも多いでしょう。

 

秋元才加さん演じる『媚空』は、闇に堕ちてしまった魔戒騎士や、魔戒法師を葬るキャラクターです。

媚空は誰とも馴染むことなく、孤独の中で生き、闇と戦う人物。

そんな媚空という魔戒法師が、闇との戦いを通じ、どのような世界観を描いていくのか。

さて、肝心の映画『媚空』のストーリーあらすじを、ここで紹介していきます。

 

自身の力に奢り、道を踏み外してきた魔戒騎士や魔戒法師の心を探り、彼らを闇に葬る日々を過ごす、闇の魔戒法師の媚空(役:秋元才加)。

彼女は、周囲からも忌み嫌われ孤独を抱える『闇の狩師』。

ある日、一人の法師がショッピングモールで暴れていた…。

その法師の名はウサミ法師(役:中村尚輝)。

どうやら、ある事情を抱え、闇落ちしてしまったらしいのですが、その事を確認するように元老院から指令が入り、行動に移す媚空。

しかしなぜか、この司令を届けにやってきた元老院付きの若い魔戒法師・代知(役:須賀健太)が勝手に後をついてくるのです。

代知は、媚空が3年前に闇に葬ったムツキ法師(カエンの術を奪うために、仲間の魔戒法師の命を奪い闇に落ちている)の息子だったのです。

1 2 3 4
ページトップへ