世にも奇妙な物語の神回の怖い話!ロッカーのストーリーネタバレ!

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だからこそ多くの視聴者から支持されたのかもしれませんね。

ロッカーで扉が開きづらくなることは有り得る話…

ロッカー

『世にも奇妙な物語』で放送されたロッカー。

一度、中に入って内側から閉めた扉が開かなくなったことで、悲劇が起こりましたが、新品のロッカーなどであれば、そういう現象は見られません。

しかし、『ロッカー』のように、サビつき今にも廃棄されようとしているロッカーなら、そういうことは起こりえます。

もちろん、わざわざロッカーの中に入って隠れるために、忍び込んで中から閉めるなんてことは、非常識ですが、

子供がいたずらなら考えられます。

もしこのようなことが現実に起こり、子供が行方不明となり、気がついたらスクラップされていた…。

そんなことを想像すると、あまりにも怖すぎて身の毛がよだちます。

扉は開いたら、必ず閉まる。

その逆も当然に思うのは、あくまで勝手な思い込みで、サビつきや故障を理由に閉まった扉が開かないことはあり得る話なのです。

そのようなわけで、安易な悪戯でロッカーに隠れないように、くれぐれも気をつけましょう!

世にも奇妙な物語…神回・ロッカー、他の人はどう思った?

世にも奇妙な物語の「神回」と呼ばれる織田裕二主演「ロッカー」。

多くの人が「面白かった」「本当に怖い」と思っていることはわかっていますが…。

もっと具体的には他の人はどんなふうに感じ取ったのでしょうか??

気になって調べてみることにしました!

例えばどんなコメントが集まっているのかと言うと、

●これは閉じ込められる作品が多いよにも奇妙な物語の中で初期作品
自分の望むことがある分、自分への報いを覚悟しろということだな
●作品だけどいまだにぞっとする
●これは何回見ても怖い
●暗いシーンが多いのでそのぶん怖さもあるけど、ちょっと見にくい
●ロッカーに隠れて逃げようとするくらいなら、自主した方がまだマシ思わせる話でした

引用:YONIKIMO.COM

@youichikmr)さんの投稿

●潰される瞬間、「もしあれが自分だったら」と想像するとゾッとした
織田裕二の演技、不安・焦り・葛藤を表現させたら最高の役者だ
●墓穴を掘るとはまさにこのこと
●織田裕二の悪役をもっと見たくなった作品
ヒッチコックに通じるところのある名作
●これをみたあと家で一人留守番するのが怖くなった
●言うほど怖くない
●ホラーさに欠けると言う人もいるけど十分怖い
刑事は気づいていたのか?
●初めのシーンでタモさんが「常に周りに注意を払っていなければいけません」と言うところ、ずっと引っかかってよけい怖かった
●ロッカーを潰した時、血が出たことに気がつかなかったのか?
人って案外こんなふうに死んでしまうものなのかもしれない

引用:YONIKIMO.COM

@jumei7092)さんの投稿

上記のコメントの中には「自分と同じ意見」と思うものが一つくらいはあったのではないでしょうか??

多くの人がこの「ロッカー」を見た中、ほとんどの人が怖いと思ったことがわかりました。

世にも奇妙な物語では多くの話が放送されています。

その中でもこの「ロッカー」が人気を集める理由は、おそらく織田裕二の演技がキーポイントになっていると思われます。

上のコメントにもあるように、織田裕二の演技・不安焦り・葛藤の表現は見るものを物語に引き込み集中させてしまいました

ロッカーをリメイクしてほしい」という声も多数あるのですが、個人的には、織田裕二主演で「ロッカー2」もしくは全く別の新しい世にも奇妙な物語を放送して欲しいです。

@shou_0222)さんの投稿

2018年11月に最新作を放送したばかりの世にも奇妙な物語。

もう何年もこの作品を見続けているので、ある程度、こんな雰囲気かと予想がついてしまいますが…。

今回もやはり面白い作品がいくつかありました!!

しかし織田裕二の神回には残念ながら及ばず…。

来年は是非織田裕二で神回2をお願いしたいものです!!

まとめ

『世にも奇妙な物語』は、現実には起こらないような怪奇現象を軸に、ストーリー展開されていく恐怖ドラマとして、放送され続けてきたわけです。

今回の神回の中でも選りすぐりの恐怖作品として推奨される『ロッカー』は、数少ない現実にも十分に起こりえそうな恐怖作品といえます。

悪戯などをきっかけに、ロッカーの中に身を潜めているなんてことは、子供の頃には一度はあるでしょう。

しかし、ロッカーというものは、鉄製でできているために、長年使っているとサビが発生し、開閉ができなくなることもあります。

安易にロッカーに隠れて出られない!なんてことにならないように気をつけましょう。

そして、『世にも奇妙な物語』の『ロッカー』という神回をきっかけに、ロッカーがトラウマに陥らないようお気をつけ下さい!

1 2 3 4
ページトップへ