チープカシオ(腕時計)の意味や名前の由来とは?人気の理由も考察

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カシオ


最近、カシオ製の腕時計が世界中で再評価されています。

また、日本でも近年、『チープカシオ』という言葉が大流行しましたよね。

この『チープカシオ』は、企業がつけたブランドの名前ではなく、なんと

SNSを中心に広まった愛称

というのです。

それにしても、『チープカシオ』は一体どういう意味があり、なぜ人気に火がついたのでしょうか?

当記事では、『チープカシオ』が人気になった理由について探っていこうと思います!

[adsense]

チープカシオの意味とは?

『チープカシオ』というのは、そもそもどういう意味があるのでしょうか?

一見すると、カシオが売り出しているブランド・商品名の1つかと思いますが…。

 

実は、『チープカシオ』は冒頭で触れたように、カシオが名付けたものではありません。

そもそもの名前の由来は、

SNSなどで腕時計ファンが広めた名称

と言われています。

では、『チープカシオ』とは一体どんな意味があるのでしょう。

『チープカシオ』の意味ですが、まさに意味そのものと言った感じで、

カシオが販売した腕時計の中でも、安価ながらも、機能的に充実している腕時計

のこと。

要するに、安いカシオ製の腕時計というわけです。

チープ = 安い

という意味の英語なので、ストレートな命名と言えるでしょう。

価格にして、だいたい数百円~1,000円程度ですね。

カシオのカタログにも載っていないような商品で、ショッピングセンターやスーパーなどで大量に吊り下げられている腕時計です。

そんなカシオの安価な腕時計を、SNSユーザーたちは

「安いけど高機能だし、なんかいい呼び名はないかな」

ということで、『チープカシオ』と名付けたのです。

ちなみに、略されて『チプカシ』とも言われているそうですよ。

1 2 3
ページトップへ