チープカシオ(腕時計)の意味や名前の由来とは?人気の理由も考察

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カシオ

単に安いだけでなく、高機能さも持ち合わせているから愛称がほしかったのでしょうか?

そう考えると、

「単なる安物」

という意味ではないでしょうし、蔑称ではないことは確かです。

また、同じように、シチズン製の安価な時計も売れるようになり、こちらは

『チープシチズン』

と呼ばれているとのこと。

しかし、実際のところ、『チープカシオ』といった安価な腕時計が人気になっているとはいえ、カシオなどの見立てでは、

「業績にはほとんど影響しない」

という悲しい現実があるようです。

ただ、『チープカシオ』は企業として大々的に売り出しているわけでもないのに、ユーザーの間で勝手に人気が広まって売れている…。

カシオにとってみれば、完全に想定外ではあり、ほとんど業績には影響しないとは言っても、嬉しいことに変わりはないでしょうね。

意外なところでユーザー発祥のブームが起き、宣伝もしていないのに自社の商品が売れ出す…。

こういった出来事もあるため、本当にネット社会になった世の中は不思議なものです。

 

チープカシオが人気の背景・理由は?

若者を中心に、安価で高性能なカシオの腕時計を総称して『チープカシオ』と呼び、SNSを経由して人気が広まっていることがわかりました。

しかし、今の時代、時間の確認はスマホで十分ですよね。

また、スマホであれば、時計の他にもさまざまな機能を得られるはずで、もう腕時計そのものを必要としなくなりつつあるように思います。

それなのに、何故いまさら『チープカシオ』として、安価な腕時計が人気になったのでしょう?

その背景には、

ファッションとしての意味合いがある

とわかりました。

『チープカシオ』ですが、まず安価だということがあり、何本も購入することが可能です。

1 2 3
ページトップへ