掟上今日子の備忘録(ドラマ)の視聴率が悪い理由はガッキーと設定?

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
掟上今日子の備忘録


2015年秋(10月期)ドラマの一つとして、放送されたドラマ『掟上今日子の備忘録』。

その視聴率が悪いと囁かれていたことを、みなさん覚えていますか?

正直、この手のタイプのドラマは、賛否が両極にわかれるドラマです。

視聴率が悪くなる理由もある程度は、想像できる話でしたが、なぜか一部からは、主演のガッキーこと新垣結衣さんに、その責任があるという話も…。

では、『掟上今日子の備忘録』が、なぜ視聴率が悪いと言われるようになってしまったのでしょうか?

視聴率低迷は、本当にガッキーの責任だったのか、改めてその理由・原因を、本記事で探っていきます!

[adsense]

ドラマ『掟上今日子の備忘録』の視聴率が悪く酷評も…

掟上今日子

『寝てしまうと、それまで記憶していたことがリセットしてしまう』

という特殊な病気にかかっている探偵・掟上今日子。

『厄介』という名前が影響し、あらゆる災いが降りかかり、事件に巻き込まれてしまう隠館厄介。

この二人がコンビを組み、事件を解決するドラマが、『掟上今日子の備忘録』です。

ミステリーを見やすく、時にコミカルに描いた斬新なドラマ『掟上今日子の備忘録』が、2015年秋(10月期)ドラマとして放送されています。

ただ、そのコミカルな一面が仇となっているのか、もしくは主演を務める新垣結衣さん(ガッキー)に問題があるのか、なぜか『掟上今日子の備忘録』の視聴率が悪いようです。

とは言っても、当時のドラマの中で断トツで視聴率が悪いというわけではありません。

『家政婦のミタ』や『〇〇妻』、『花咲舞が黙ってない』など、好調だったドラマが多い中での話なのです。

ドラマの中で、『掟上今日子の備忘録』は、中の下くらいの視聴率と言えるでしょう。

 

『掟上今日子の備忘録』の初回視聴率は

12.9%

と良い立ち上がりを見せていたのですが、徐々に視聴率は衰退を始めます。

『掟上今日子の備忘録』第6話では、7.6%にまで視聴率が下落してしまう事態に陥っています。

いずれにしても、このドラマの主演を務める新垣結衣(ガッキー)さんに、視聴率が悪い原因として、非難が集中してしまう結果となったのです。

まぁ新垣結衣(ガッキー)さんはこのドラマ『掟上今日子の備忘録』の主演ですから、それは仕方がない部分でしょうね。

 

追記

筆者も『掟上今日子の備忘録』は好きなドラマで、録画して繰り返し見ていたものです。

それだけに、視聴率が落ちてしまうのは残念な気持ちになりますね。

  • 女子校で引き起こされた騒動が描かれた第6話(7.6%)
  • アパレルショップでの事件が描かれた第8話(7.8%)

が、もう少し視聴率を取れていたら、平均視聴率も10%をキープできたかもしれません。

正直、このような言い方をするのは失礼かもしれません。

吉田沙保里さんが出演した時点で、視聴率は取れないと思っていたのです。

今でも、なんでこんな奇抜な演出をしてしまったのだろうかと思えて仕方ありません。

別に吉田沙保里選手がダメというわけではなく、彼女はあくまで女子レスリングの選手であり、女優ではありません。

レスリング普及の一環として、バラエティ番組に出るならまだしも、いくら話題性のためとはいえ、ドラマ出演はありえないと思うのです。

実際に彼女は婦警の役で出演していましたが、やはり演技力は乏しく、どこか物足りない印象は拭えませんでした。

まぁ、それは当然の話です。

もし付け焼き刃で絶賛される演技ができれば、女優たちは面目丸つぶれですし。

また8話に関しては、結構軽めの事件で、箸休め的な印象も伺えた回なので、視聴率も取れなかったのでしょう。

とはいえ、最終的に『掟上今日子の備忘録』は平均視聴率9.78%とこの時期のドラマの中ではまずまずの結果でした。

箸休めや話題性を狙わず、純粋に面白いドラマとして仕上げていけば、きっともう少し視聴率は取れていたのだと思いますよ。

まぁもったいない部分はありますが、テレビ離れが激しい現代で、土曜9時枠のドラマが10%近く取れていたわけです。

ですから、これで良しとしたほうがいいと思いますけどね…・

1 2 3
ページトップへ