白鳥麗子でございます(ドラマ)のストーリー結末ネタバレと原作漫画

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
河北麻衣子


みなさんは過去に放送された『白鳥麗子でございます!』というドラマを知っていますか?

1989年、漫画家:鈴木由美子の恋愛漫画として、漫画雑誌『mimi』(講談社)に連載され、その後OVAやドラマ化。

さらに映画化されているのが、この『白鳥麗子でございます!』です。

ドラマ化は2度行われ、

  • TBS版では鈴木保奈美さんが主演
  • フジテレビ版では松雪泰子さんが主演

そんな『白鳥麗子でございます!』が、約20年ぶりに連ドラとして帰ってきました。

そこで本記事では、『白鳥麗子でございます!』のストーリーあらすじから、結末と原作漫画のネタバレを紹介していきます!

[adsense]

伝説のお嬢様系ドラマ『白鳥麗子でございます』

白鳥麗子でございます!

白鳥麗子でございます!

平成の時代に放送されたドラマで、お嬢様系・お坊ちゃま系のドラマは、意外とあり、

『メイちゃんの執事』で榮倉奈々さん

『花より男子』で井上真央さん

『ヤマトナデシコ七変化』で大政絢さん

などが、女優としてブレイクしていくきっかけにもなりました。

しかし、そんなドラマの元祖ともいうべきドラマがあります。

そのドラマは、1989年(8月28日~31日)にTBSで4日間連続SPドラマとして放送されました。

また、1993年には(1月期、10月期)の連ドラとして、フジテレビで放送されたのです。

それが、

『白鳥麗子でございます!』

なのです。

TBS版は知らない人が多いかもしれませんが、フジテレビ版は、いまや伝説化されている『花より男子』よりも衝撃的。

1 2 3 4
ページトップへ