白鳥麗子でございます(ドラマ)のストーリー結末ネタバレと原作漫画

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
河北麻衣子

1992年9月に第1巻が発売され、それ以降5巻まで発売されていますが、実はこの漫画はまだ終わっておらず、未完のまま時だけが流れているのです。

普通、連載中のものを除き、漫画はどこかで終わりを迎えています。

しかし、一部の漫画には、『続きがある』と告知しておきながら、いつの間にかフェードアウトするタイプの漫画があります。

『新・白鳥麗子でございます!』も第5巻の巻末に

『第6巻に続く』

と記載されているそうなのですが、そのまま時が流れ、今だに発売されていないのです。

『新・白鳥麗子でございます!』第5巻ラストでは、

白鳥麗子がウエディングドレス姿になり、パパが『結婚は許さん』と式場に乗り込んでいく

ところで、終わっているという話です。

本当は白鳥麗子と秋元哲也がゴールインするところが描かれて終わる予定だったのかもしれません。

もしかしたら何かの伏線があるのかもしれませんが、ちょっと消化不良のような終わり方ですよね。

 

まとめ

過去に何度もドラマ化され、1995年には映画化もされた伝説のドラマ『白鳥麗子でございます』。

それが約20年ぶりに、メーテレ制作のドラマとして2016年1月に放送されました。

2016年版の『白鳥麗子でございます!』の主演は、河北麻衣子さん。

またあのプライドの高い高飛車なお嬢様の壊れっぷりが、大々的に露呈され、実に面白かったです。

なぜか原作『白鳥麗子でございます!』は、未完のままフェードアウトしていますが、ドラマでは無事ハッピーエンドで終わったようですね。

2016年版ドラマ『白鳥麗子でございます!』の評価の賛否は分かれているものの、キャラありきのドラマとしては、まずまずの結果だったと思いますよ。

1 2 3 4
ページトップへ