野球のストライク判定を機械ロボット化する利点とデメリットとは

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
審判

エリック・バーンズ氏が、コンピュータの判定をコールしていくという形で試合は進められました。

この試合は、プロの野球の試合で初めて、機械がストライク・ボールを判定した歴史的な試合となったのです。

このストライク判定は、メジャーリーグの30球場に配備されている『PITCHf/x』と呼ばれるボールの軌道を追跡するシステムによって行われました。

バックスクリーンとバックネット裏に設置された3台のカメラで球速、軌道、ボールの位置を記録し、ストライクゾーンに入っているかを判断します。

メジャーリーグの公式サイトでは、既にこの『PITCHf/x』を使用した1球速報が行われており、試合の判定にも行われているそうですよ。

試合の当事者となった、独立リーグ・バリェロの監督であるゲイリー・テンプレトン氏は、

われわれにはこういうことをする技術がある。

とてもいい経験ができた。

打者にとっても本当のストライクゾーンは何なのかいい経験になった。

と、前向きに受け止めています。

また、2017年4月には、MLBのロブ・マンフレッドコミッショナーが、

「遅かれ早かれ、われわれは正確で迅速なコンピュータによるストライク判定の技術を手にする。」

そして、

「それについて真剣に深く考える必要がある。」

と発言し、コンピュータによるストライク判定をいずれは導入するかもしれない…。

と示唆する発言をしたのです。

もしかすると、もうしばらくすれば野球は機械がストライク判定をする時代が来るのかもしれませんね。

 

野球の球審をロボット・機械化する利点とデメリット

今回、試験的に導入されたストライク判定の機械化・ロボット。

これが進めば、ついには球審の機械化になります。

球審が機械化すると、どのような利点やデメリットがあるのでしょうか?

まず、利点を挙げるとすれば、

完全なる公平性

を得ることができます。

『審判によって、このコースはストライクをとって、このコースはとらない』

という、スポーツにはあってはならない、言語道断な判定がなくなるのです。

中には、審判の癖を考慮して戦略を練ることが面白いと言う人もいますね。

しかし、それはスポーツの判定としては公平性の欠片もなく、本来あってはならないことです。

筆者としては、論外だと感じています。

また、日本プロ野球で言えば、ストライクカウントを宣告する際の個性的なポーズがなくなることにもなりますね。

審判にも審判なりの思いがあるとは思います。

ただ筆者としては審判のパフォーマンスの必要性を感じていないので、パフォーマンスがなくなることが問題だとは思いません。

それよりも、審判の雰囲気や誤審で試合を決められてしまったり、シーズンの行方を左右される…。

そのような事態がなくなることのほうが、何倍も大切なことです。

タッチプレーなどに対するチャレンジ制度と組み合わせれば、野球というスポーツにおける公平性がかなり高まるので、いち早く導入を期待したいところですね。

 

しかし、ストライク判定の機械化・ロボット化には、デメリットも存在します。

たとえば、

費用が膨大になる

こと。

ストライク判定ロボットを各球場に設置しないといけないため、何十体も用意する必要があります。

しかも、あらゆる角度から判別しないといけないため、カメラも当然ながら、複数台必要となります。

ロボットや、判定のための複数のカメラの設置費用やメンテナンス代などを考えれば、金銭的負担は確実に膨らんでしまいます。

また現在、メジャーリーグは試合時間の短縮が課題となっています。

仮に機械化によってストライクを判定し、その結果を見てコールということであれば、前々から課題となっている

試合時間短縮には向かい風

となってしまうのです。

機械によるストライク判定は、結果がわかるまでにどのくらいかかるのかはわかりませんが、人間の球審がその場でコールするより遅れるのは確実でしょう。

ただ、機械というものは、技術的進歩が可能です。

ロブ・マンフレッドコミッショナーがコメントしていたように、

将来的に判定から結果を表示する速度も速くなり、現在の人間の審判が判定する場合と遜色ないものになる

ということは十分に考えられます。

1 2 3 4
ページトップへ