ギャル語流行語大賞2015トップ10一覧と意味を解説!「つ」とは?

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性

このパリピは、お笑いコンビ『クマムシ』の長谷川俊輔さんが流行させた『暖かいんだから~』に対抗して、相方である佐藤大樹さんが一発ギャグとして用いた

『パーティーピーポー』

と発した言葉が、ギャル風に略されて使われています。

以前、明石家さんまさんの冠番組である『踊るさんま御殿』で『クマムシ』が出演し、佐藤大樹さんが突然

「パーティーピーポー」

と発して、

「寒い!」

と拒絶されていたのを記憶しています。

そんな言葉を略して、ギャル語では流行語になるなんて、不思議な流れです。

新語・流行語大賞で選ばれた流行語とは大きく異なり、ギャルにだけ受け入れられるような言葉が、ギャル語流行語大賞に選ばれたことの現れだと思います。

それにしても、ほとんど意味不明な言葉ですよね。

一体なぜ、これらの言葉がギャル語流行語大賞トップ10になったのか?

これもジェネレーションギャップというやつでしょうか…。

 

ギャル語流行語大賞トップ10の言葉の意味

広辞苑

2015年12月4日に行われたギャル語流行語大賞2015に選ばれたトップ10のうち、みなさんはどれだけその言葉の意味が理解できていますか?

おそらく

『おそらくこういう意味ではないか?』

と思うものはいくつかあるでしょう。

筆者も、ちゃんと意味を理解できているギャル語は、1つか2つくらいしかありませんでした。

それでは、2015年のギャル語流行語大賞トップ10に入った言葉が、それぞれどんな意味を持つのか、解説していきましょう。

ギャル語流行語1位:パリピ

2015年ギャル語流行語大賞で1位に輝いた『パリピ』は、先ほどお話したように、パーティーピーポーの略で、

『パーティーが大好きで社交的な人』

という意味で使われた言葉です。

使い方としては、テンションを上げて社交的に盛り上げたい時に、よく使うみたいです。

ギャル語流行語2位:○○かよ

『さまぁ~ず』の三村マサカズさんが、よくツッコミを入れる際によく使っていた言葉で、

『お前かよ』

『猫かよ』

など、語尾に「かよ」というフレーズを付けて、ツッコミを入れる意味合いでギャルの間で使われているそうです。

一見して、ありきたりのツッコミで、三村マサカズさんだから受け入れられているツッコミ用語だと思っていたのですが、ギャルの間では人気が高いみたいです。

ギャル語流行語3位:リア友

ギャル語流行語3位の『リア友』は、

リアルな友達

という意味で、ネットの友達の反対語として用いられているそうです。

オンラインゲームなどの普及により、ネットで繋がる友人も増えてきている現代社会だからこそ、逆の意味で定着したのでしょう。

ギャル語流行語4位:初見(しょけん)

ギャル語ということもあって、また別の意味なのかと思いきや、ごく普通に使われている

初見(初めて見る)

という意味で使われているそうです。

ギャルの間ではTwitterなどで使われ、流行したとか…。

ギャル語流行語5位:cp

cpと言われて、多くの人はコスパの略と思いがちです。

しかし、ロックミュージシャン・タレントのDAIGOさんが使う略語と同じ考えで定着した言葉でした。

「カップル」

の略語として、『cp』は使われているそうです。

もう何でも略語なんですね…。

ギャル語流行語6位:鬼コ

「鬼のように激しく何度も大量の電話を掛けること」

を指す言葉で、電話にでるまで何度でもひっきりなしに電話をかけてくる人がいるために、このような言葉もギャル語として定着しているようです。

ギャル語流行語7位:レベチ

「レベルが違う」

の略語として用いられているそうで、何かと比較して賞賛したり否定したりする際に使うようです。

例えば、

『今日のファッションセンスは、いつもとレベチ』

というように使うみたいですよ。

ギャル語流行語8位:メンディー

「めんどくさい」

という言葉をギャル風に進化系。

単純に面倒なことに直面した時によく使われているそうです。

ギャル語流行語9位:やーよ

GENKINGさんがよく使っている言葉『やーよ』がそのまま、ギャル語として定着した言葉です。

意味としては

『嫌よ』

という意味です。

「嫌よ」とはっきり言わず、「やーよ」と照れ隠しのように言うのもギャル風なのかもしれませんね。

ギャル語流行語10位:つ

ギャル語の中でも、最も意味不明な言葉が、この『つ』という言葉。

その意味としては、

『都合の良い女のこと』

を指す言葉のようです。

ここまでくれば、一文字で何でも表現できるような気もしてきます。

 

ここまでが2015年のギャル語流行語大賞トップ10にランキングされた言葉です。

本当にギャル語には、一般人は、なかなかついていけないです。

ただ、言葉は、いつの時代も若者たちの独特の言い回しとして存在していました。

かつての

1 2 3 4
ページトップへ