井上尚弥の結婚相手(嫁)のプロフィール!出会いのきっかけは高校!

スポーツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木村文乃

WBCライトフライ級及びスーパーフライ級の2階級を制覇し、現在もチャンピオン防衛を続けているプロボクサー井上尚弥選手。

つい先日、スーパフライ級の5度目の防衛戦を勝利しています。

これからどこまで防衛し続けるのか、また、三階級制覇も実現するのかと、いろいろ楽しみです。

そんな井上尚弥選手が、2015年12月1日に結婚していたことが明らかとなり、ネット上では盛り上がりを見せているようです。

それにしても、井上尚弥選手の結婚相手(嫁)となる女性は、一体どんな人なのでしょうか?

そこで本記事では、井上尚弥選手の結婚相手(嫁)のプロフィールと、出会いのきっかけなどを探っていきます!

[adsense]

公私共に大注目のプロボクサー井上尚弥!

井上尚弥

井上尚弥

井岡一翔選手・山中慎介選手をはじめ、世界チャンピオンを次々と輩出している日本のプロボクシング界。

他にもたくさんの世界チャンピオンが存在していますが、その中の一人で注目されているのが、WBCスーパーフライ級王者の井上尚弥選手。

井上尚弥選手の場合、アマチュアボクシングでの経験が豊富で、ロンドンオリンピック金メダリストで現在プロボクサーとして活躍している、

村田諒太選手

とも、アマチュア時代に国際大会などの強化合宿で、共に練習していた経歴もあるそうです。

そんな経歴があるからなのか、井上尚弥選手はたった

6戦WBCライトフライ級王者の座を獲得!

当時、日本人男子では最速となるプロ入り6戦目での世界王座獲得に成功しているのですから、彼がいかに凄い選手なのかわかりますよね。

そして、その後もライトフライ級の防衛戦に成功した後、タイトルを返上し、スーパーフライ級に挑戦。

井上尚弥選手は、見事に王座を獲得しました。

2015年12月29日には初防衛戦を迎え、ワーリト・パレナス(フィリピン)と対戦し、ここでも見事にTKO勝ちで防衛…。

アマチュアボクシングでの実績も多い井上尚弥選手は、実力は折り紙つきと評され、現在2階級王者として、ボクシング界に君臨しています。

階級こそ違いますが、井岡一翔選手以上に多くの階級を制覇するのでは?と期待もされているだけに、今後の活躍が非常に楽しみです。

 

さて、プロボクサーとしても充実している井上尚弥選手ですが、2015年12月1日に交際中の彼女と結婚しました。

それも、井上尚弥選手が高校時代から

「彼女と結婚する」

と考えていた結婚相手だそうです。

内助の功で、大きな支えとなってくれているお嫁さんみたいですね。

結婚相手(嫁)には、既にいろいろ支えてもらっているところもあるようです。

もし結婚後に井上尚弥選手がすぐ負けてしまったら、結婚相手(嫁)のことを悪く言う人も出てくるかもしれません。

それだけに、井上尚弥選手としては、万が一にもそういう事態になってはいけないと、気合もはいっている様子でした。

追記

井上尚弥選手は、2017年5月21日、WBOスーパーフライ級タイトルマッチで、

リカルド・ロドリゲス(アメリカ)選手を3ラウンドTKO勝ちで退け

5度目の防衛に成功しました。

これも、日々の並々ならぬ努力と、影で彼を支え続けてくれていた、結婚相手(嫁)の内助の功がもたらしていることなのだと思いますよ。

なお、2016年12月の試合後に、

「家族でゴタゴタがありまして…」

と井上尚弥選手が、コメントしたことがあったらしく、そのことで、

「夫婦関係がおかしくなったのでは?」

と噂されたことがありました。

ただ、実際のところは、長年セコンドに付いてくれていた

父親と、いざこざがあった

だけの話でした。

最終的に本音をぶつけ合い、和解しているそうですし、何の問題もないと思います。

ちなみに、現在も夫婦仲は良好みたいですし、今後も夫婦で支え合いながら、仲睦まじく暮らしていくことでしょうね。

1 2 3
ページトップへ