ゲームアワード2015に小島秀夫が欠席した理由はコナミの妨害?

ゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メタルギアソリッド


『メタルギア』シリーズ産みの親である小島秀夫さんに対する待遇で、ゲームファンからは、すでに信頼は失墜し、

「早く潰れて権利を他者に売り渡せ」

と、もはや誰も支持する人はいないであろうほどまで、大炎上したコナミ。

そのコナミが、『The Game Awards2015』(以下ゲームアワード2015)で、またもや炎上の火種を投下し、なんと今回は、世界中から批判の的に晒されているのだとか。

コナミは、一体、何をやらかしたのでしょうか?

当記事では、『ゲームアワード2015』で、コナミが小島秀夫さんに対して行った仕打ちについて、炎上したその内容を探ってみました!

[adsense]

ゲームアワード2015に小島秀夫が出席できず

ゲームアワード2015

今回、コナミは、日本のみならず、世界のゲームファン、さらにはゲーム業界に携わる人からも大批判を浴びるという、ゲーム企業としてのコナミが、もはや終焉を迎えるにふさわしい痴態を晒しました。

それが、先日行われた『ゲームアワード2015』での出来事です。

『ゲームアワード』とは、アメリカで行われる、全プラットフォームを対象とした世界最大級のゲーム賞イベントです。

この『ゲームアワード2015』で、『メタルギアソリッドVファントム・ペイン』がベストアクション賞、ベスト音楽賞を受賞しました。

しかし、ここからが問題です。

受賞にあたり、トロフィーの贈呈が行われるのですが、トロフィーを受け取ったのは小島秀夫さんではなく、『メタルギア』シリーズで、ソリッド・スネークのアメリカ版声優であるキーファー・サザーランドさん

なんと、小島秀夫さんは登場しなかったのです。

名誉ある賞の授賞式に、受賞作のクリエイターが登壇できない…

1 2 3 4
ページトップへ