初詣のお寺や神社のお賽銭はいくら?参拝マナーや作法をチェック

正月 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
初詣

ただ、細かい部分は各お寺のルール・マナーに従えばいい話で、隅から隅まで意識しなくても大丈夫です。

ここで挙げた4つの参拝方法・マナーを抑えておけばまず大丈夫!

逆に、この4つが抑えられないようでは、初詣に行く資格はないと考えたほうが良いです。

それくらい大切なことなので、しっかり覚えましょうね。

 

お寺での初詣のお賽銭料はいくらが相場?

お寺でのお賽銭って、いくらが相場なのか、いまいちはっきりしていないところがありますよね。

実際に気持ちで結構というところも多く、それなら5円で十分なのか、それとも1万円必要としているのか正直悩みどころです。

そこで、実際に、筆者もいろいろ調べてみたのですが、正直なところケースバイケースとしか言いようがありません。

というのも、お賽銭の額にも意味が存在しているので、状況に応じてみなさんで決めるというのが、妥当だと思うのです。

では、その意味をここで、軽く紹介します。

賽銭額が持つ意味一覧

5円:ご縁があるように

11円:良縁(良い御縁という意味)がありますように

20円:二重に縁があるように

25円:二重にご縁があるように(20円とほぼ同じ意味)

41円:終始良縁に恵まれるように

45円:終始ご縁に恵まれますように

以上が、賽銭の額の意味です。

この他、5円玉の個数がもたらす意味も…

10円(5円玉2個):二重にご縁がありますように…

30円(5円玉6個):安定をもたらす良縁に恵まれますように

と5円玉の個数によってもたらす意味も存在することが分かります。

この意味合いを参考に、お賽銭の額を決めるのも良いかもしれません。

例えば、健康長寿(変わらぬ安定した幸せ)を願うなら、5円玉6つをお賽銭箱に入れて参拝すると願いが叶いやすくなるかもしれません。

また、恋愛祈願なら、良い御縁という意味で、5円や11円でも良いと思います。

このようにお賽銭の額は、まさにケースバイケースなのです。

しかも、高額のお賽銭を入れたからといって、願いが叶うことはありません。

つまり、お賽銭の額なんて、ただの語呂合わせ・縁起担ぎでしかなく、金額そのものに意味はないのです。

だから、極端な話1円や5円のお賽銭でも、あなたの参拝の態度と翌年の行動次第で、願いは十分叶うのです。

まぁ、願いが叶うといっても、本人の努力や感謝の気持ちがあることが大前提。

初詣の参拝で危機受けられる願いなんて、ちょっと背中を押してくれる程度のものでしかありません。

そのことだけは、くれぐれも履き違えないようにしましょう。

ちなみに、実際に相場調査したところ、高くても100円という方が大多数のようです。

まぁ、1万円をお賽銭に使ったところで、必ず願いが叶うというわけではありませんし、だったら美味しい料理でも食べに行ったほうが良いと思いますよ。

あくまで、お賽銭の額は気持ちの問題なので、お財布と相談して金額を決めましょう。

もし余裕がなければ、お賽銭に5円を入れて仏様にお願いするようにしてくださいね。

 

まとめ

お寺で初詣をする際は、仏様にお参りすることを意識し、柏手を打たずに合掌してお願いごとをするのが、神社での初詣と決定的に異なる参拝マナー。

まずはそのことを理解しておくことが重要です。

あとは、神社での参拝と同じです。

身と心を清め、感謝の気持ちを忘れずに心の中で唱え、新年の抱負・目標を語るつもりでお参りすることが、参拝する上でのマナー。

この点を守れば、お賽銭の額は関係ありません。

そのことを何よりも第一に心がけ、初詣に出かけてみてくださいね。

みなさんの願いが少しでも叶い、2018年が良い年になることを願っています。

1 2 3 4
ページトップへ