初詣のおみくじを結ぶ意味と効果のある期間を調査!持ち帰りはNG?

正月 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おみくじ

中には、初詣は神様に感謝し新年の目標・抱負を語るためにあると意識し、おみくじをあえて引かない人もいます。

ただ、いずれにしても、御神籤に対する強い思い込みがあるため、おみくじのルーツや意味を深く考える人は、ごく少数というのが現状…

では、このおみくじとは、一体どのように生まれ、参拝後に多くの人達が引く様になったのでしょうか?

まずは、そのルーツを紐解いてみましょう。

もともと、このおみくじは、古代の政治の権力者を選ぶ際に用いられたことがルーツだと言われています。

近年は、選挙によって第一党(もしくは政権与党)が決められ、その中から、総理大臣が決められますよね。

総理大臣そのものは、議員たちが決める各政党の代表選挙で党首になった人が、そのまま首相として決まるケースが高く民意が反映されているかは不明。

とは言え、第一党から首相が選出されることに変わりはありません。

つまり、少なくとも運任せで決めているなんてことはありえないのです。

ところが、古代の政治では、国のトップを決める重要な事案について、神の御声と称して、全てクジで決めていたというのです。

まさに衝撃の事実ですよね。

ただ、当時の人たちは、決していい加減な気持で、神の御声に従っていたわけではありません。

一見、クジで全てを決めるなんて、最も他人任せでいい加減という印象を受けますが、その頃の人たちは、実に真剣だったようです。

確かに、弥生時代でも、神のお告げと称して、卑弥呼が数々の災厄から民人を守ったり、未来予測をして民人を導いたりしていましたよね。

今でも自然の前では無力な人類ですが、当時からその考えは定着し、神のお告げのあるがままに進めば間違いないと信じられてきた…

1 2 3 4
ページトップへ