日本のこころに党名を改名した理由は批判と大敗?もはや風前の灯!

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本のこころ


『日本のこころを大切にする党』という政党がありましたよね。

長い名前であることから、

「覚えにくい」

と、ネットでは言われていました…。

そして、2017年2月にまたもや党名を変更。

『日本のこころ』

という名前にしたそうです。

一体、なぜ『日本のこころを大切にする党』は、『日本のこころ』という名前に党名を短縮したのでしょう?

当記事では、『日本のこころ』について、改名の理由やネットでの評判などを調べてみました!

[adsense]

『日本のこころ』の党名の改名遍歴

かつて、『日本のこころを大切にする党』という、長ったらしい名前の政党がありました。

その『日本のこころを大切にする党』が、

『日本のこころ』

という名前に変更したのですが…。

そこで、まずは『日本のこころ』についておさらいしておきましょう。

『日本のこころ』は、2014年5月に、日本維新の会が分党されることになり、石原慎太郎氏を中心としたメンバーによって生まれました

そして、約600ほどの党名案の中から選ばれたのが、今やなつかしい、

『次世代の党』

次世代の党

という名前。

しかし、結党当時は、石原慎太郎氏を中心として高齢の議員が多かったため、

「旧世代の党」

「爺世代の党」

などと揶揄られ、年老いてなお、政治の表舞台の立とうとするのか!

という批判にさらされていました。

結党後は、保守層からの支持を広げようと、『タブーブタのウタ♪』などの斬新な取り組みを行いましたが…。

 

初の国政選挙となる第47回衆議院議員総選挙では、

わずか2名の当選

に留まってしまいます。

この大敗により、石原慎太郎氏は正式に政治家の引退を表明。

その後は奮起を誓い、地方統一選挙では一定の成果を収めたものの、運営はうまくいきません。

1 2 3
ページトップへ