選抜高校野球2017の21世紀枠の出場校一覧!選考基準や条件は?

高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球

それでは、そのエリアの野球をやっている高校生たちの夢や希望がなくなってしまいます。

あくまで、広く高校生たちに野球が普及しなければ、高校野球大会を開催するという目的が失われてしまうわけです。

そのため、

『あと一歩で甲子園!』

というところまでの実力があり、その上で、将来において期待を持てる活動をしている高校に対し、21世紀枠が設けられたのです。

私立高校のような、育成に多額の資金を掛けられるような強豪校に阻まれ、これまで甲子園出場が難しかった公立校でも、21世紀枠でなら、チャンスが生まれます。

高校生たちにとっては、21世紀枠のおかげで、より野球に情熱をかけられるようになり、そのことが、

「将来はプロ野球選手!」

という希望に繋がるかもしれません。

野球界への貢献という意味では、21世紀枠は、とても重要な役割を果たしているのです。

 

春の甲子園・選抜高校野球大会の21世紀枠選考基準

選考

「21世紀枠ってよく聞くけど、一体どんな選考基準があるの?」

という方もいると思いますので、ここで、選抜高校野球大会の21世紀枠の選考基準を挙げておきます。

基本的には、

秋季都道府県大会ベスト8以上に入っている

ということが大前提です。

ただし、

128校以上参加の地域に関しては、ベスト16以上に入っていればOK

のようですね。

そのうえで、

  • 他校の模範となる功績、災害や部員数削減など、困難な環境・状況を克服している
  • 予選において常に良い成績を残している

など、他の高校より秀でている部分がある高校が、選抜高校野球大会の21世紀枠として選考されます。

ただ、それでも選考しきれないと判断された場合、

前回の甲子園出場から一番遠ざかっている高校が選ばれる

1 2 3 4
ページトップへ