選抜高校野球2017の21世紀枠の出場校一覧!選考基準や条件は?

高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高校野球

ということもあるそうです。

 

以上が、主な21世紀枠の選考基準です。

結構アバウトなところもあるような印象を受けますが、いずれにしても秋季大会で、最低ベスト16以上に入っていないことには話になりません。

優勝はできずとも、好成績を挙げていて、なおかつ、ほかに負けない何かしらのアピールができている…。

かなり厳しい道程でしょうね。

いずれにしても、選抜高校野球大会に出場するのは、並大抵の努力ではできません。

 

選抜高校野球2017の21世紀枠の出場校

それでは、2017年の選抜高校野球大会に、21世紀枠で出場する3校の高校をご紹介していきます。

選抜高校野球大会2017の21世紀枠出場校1 不来方(岩手)

岩手の不来方高校は、

部員がたったの10人しかいない

という高校です。

しかし、部員が10人しかいないながらも、2016年の秋季大会は、

岩手県大会準優勝

という、輝かしい成績を収めています。

決勝戦で敗れはしたものの、甲子園の常連・盛岡大附属高校に対し、わずか10人で戦ったことは、素晴らしいの一言です。

出場が決まった後も、入部希望者が現れなかったため、10人での甲子園ということになりますが、ぜひ、初出場の甲子園で、勝利を目指してほしいですね!

選出理由としては、やはり

部員が少ないながらも奮闘している

という面が評価されたのでしょう。

選抜高校野球大会2017の21世紀枠出場校2 多治見(岐阜)

21世紀枠で出場する多治見高校も、これが甲子園初出場となります。

秋季大会では、学校としては初の

岐阜県大会優勝

という成績を残した多治見高校。

選出理由としては、

  • 小学生を対象にふれあい野球教室を行っている
  • 県大会に市民の応援団が駆けつけるなど地域から愛されている

といった地域密着での貢献。

また、野球を広めるという、野球界への貢献が評価されたのだと思います。

2017年の選抜高校野球大会は、東海勢は至学館、多治見ともに甲子園初出場なので、初出場パワーで、頑張ってもらいたいです。

選抜高校野球大会2017の21世紀枠出場校3 中村(高知)

2017年の選抜高校野球大会に、21世紀枠で出場する高校の3校目は、中村高校です。

愛知県にも中村という高校があるのでややこしいのですが、こちらは高知の中村です。

40年ぶりの出場となった中村高校。

おそらく、

前回の出場から長らく遠ざかっている

という、選考しきれなかったパターンでの選出となるのでしょう。

40年前の1977年の第49回選抜高校野球大会では、たった12人という部員の少なさながら、

準優勝

の快挙を果たし、

『二十四の瞳』

として、高校野球ファンを沸かせました。

2016年の秋季大会も、わずか16人という部員数ながら、高知大会決勝戦で高知の強豪・明徳義塾相手に完封勝利!

見事、県大会優勝を果たしており、実力も備わっています。

40年前に果たせなかった、甲子園優勝の悲願を達成できるのか!?

中村高校の快進撃に注目です!

 

まとめ

毎年、春の甲子園こと、選抜高校野球大会では、21世紀枠という特別な枠が設けられています。

2017年は、

  • 不来方
  • 多治見
  • 中村

の3校が、21世紀枠で出場する高校となりました。

21世紀枠は、1回戦突破すら難しいという印象を受けますが、2017年の選抜高校野球大会の21世紀枠は、県大会優勝校が多いですよね。

つまり、他の高校とも引けを取らない強さを備えていると言っても過言ではありません。

もしかしたら、

1 2 3 4
ページトップへ