エドガーケイシーの予言!日本沈没が2018年3月の理由や原因とは?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


皆さんは心霊診断家・予言者のエドガーケイシーという人物を知っていますか?

このエドガーケイシーという人物は20世紀最大の奇跡の人とまで呼ばれていました。

14,000ほどの予言の中には「日本が沈没する」という、日本人にとっては聞き捨て難い予言が残っているのだとか…。

預言者と聞くと、キナ臭い感じがしますが、日本についてのこんな恐ろしい予言を残していると聞くと、なんだか恐れを感じてしまいますよね。

予言の新解釈によれば、2016年にこの日本沈没が起こるとのことでしたが…今は2018年。

とっくに2016年は過ぎてしまっています。

しかし実は、エドガーケイシーの予言にはまだ日本沈没のおそれが残っているのだとか。

エドガーケイシーが残した日本沈没の予言の根拠とは、一体何なのでしょうか?

当記事では、エドガーケイシーが残した日本沈没の予言について、まとめてみました!

エドガーケイシーとはどんな人?

日本で預言者というと、ミシェル・ノストラダムスが有名ですよね。

『ノストラダムスの大予言』に人類が滅亡するという内容が書かれていると、大変話題になりました。

さて今回の主役は、かの有名なノストラダムスではなく、「日本が沈没する」というなんとも信じ難い予言をしたエドガーケイシー。

エドガーケイシーは、ノストラダムスより300年ほど後の1800年代後半に登場した人物。

 

View this post on Instagram

 

Executive Coach, Speakerさん(@leslieinc)がシェアした投稿


日本ではノストラダムスばかりが有名ですが、世界的に見ると、このエドガーケイシーも有名な預言者なようです。

エドガーケイシーは生涯をかけて、病気で苦しむ人を救うことに全力を注ぎました。

こういうと、心霊診断家・予言者とはかけ離れている気がしますが、エドガーケイシーの療法の仕方に特徴があったのです。

その療法とは、エドガーケイシー自信が瞑想状態に陥り、宇宙の叡智に意識をアクセスし、他者からの回答に答えるというもの。

これはリーディングと呼ばれ、エドガーケイシーの功績によって、ホリスティック医学の基礎が作られました。

エドガーケイシーがリーディングに出会ったきっかけ

アメリカ合衆国のケンタッキー州で生まれたエドガーケイシー。

幼い頃は聖職者になることを夢見ていました。

大人になり、保険のセールスとして働いていたエドガーケイシーですが、咽頭を悪くし会話もできないほどだったため、写真家に転職。

 

View this post on Instagram

 

Edgar Cayce’s A.R.E.さん(@edgarcayceare)がシェアした投稿


この咽頭の治療のために行なっていた睡眠療法の最中に、エドガーケイシーのリーディング療法が芽生え、他の患者の治療法を伝えるようになりました。

これが後に言われるエドガーケイシーの心霊診断です。

エドガーケイシーが難病の治療に貢献!?

1 2 3
ページトップへ