エドガーケイシーの予言!日本沈没が2018年3月の理由や原因とは?

時事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バージニア州に病院を設立したエドガーケイシー

彼の治療によって、難病のパーキンソン病やがんなどを克服したと話している人もいるのだとか。

アメリカ合衆国には、エドガーケイシーのリーディングを元に作られた治療法を行うクリニックがあり、AREクリニックと呼ばれています。

 

View this post on Instagram

 

Edgar Cayce’s A.R.E.さん(@edgarcayceare)がシェアした投稿


エドガーケイシーのおかげで難病を克服したと話す人がいる一方、彼が設立した病院は短期間で廃業に追い込まれました…。

エドガーケイシーのライフ・リーディング

エドガーケイシーの療法は、身体についてアドバイスをするフィジカル・リーディングだけではなく、ライフ・リーディングと呼ばれる治療法もありました。

 

View this post on Instagram

 

Edgar Cayce’s A.R.E.さん(@edgarcayceare)がシェアした投稿


ライフ・リーディングとは、神智学の輪廻回生論に影響を受けたもの。

人生で起こる災難は前世の行いに原因があると伝えてきたエドガーケイシー。

エドガーケイシーの治療を受けた人の多くは、前世はアトランティスに生まれたと指摘されたのだとか。

エドガーケイシーの日本沈没予言とは?

エドガーケイシーが残した「日本沈没予言」について触れていきましょう。

気になるその予言内容とは、

アトランティス大陸が再浮上を始めることにより、地球規模の大破壊が発生。

アメリカ西側の大地は割れ、日本は沈没する。

というもの。

オカルト好きの間では、とても有名な『アトランティス』

かつて、短期間で大陸ほどの大きさに繁栄したアトランティスは沈没し、そこに栄えていた文明も滅亡してしまったという言い伝えられています。

エドガーケイシーの「日本沈没予言」の中には、本当に実在したか不明なアトランティス大陸が登場し、その影響で日本が沈没するというもの。

しかもエドガーケイシーの予言によれば、その再浮上は、「1958年から1998年の間に始まる」とのことでした。

しかしながら今は2018年

エドガーケイシーの予言に当たる期間中に、アトランティス大陸の再浮上の予兆すら全くありませんでした。

となると、エドガーケイシーの「日本沈没予言」は当たらなかったと結論づけられますが、どうやら新解釈があり、その新解釈によると近い未来にXデーがやってくるそうです。

エドガーケイシーの日本沈没は2018年!?

1 2 3
ページトップへ