紅白歌合戦2015の結果・視聴率が最低に悪い理由は出演者と楽曲?

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なお、何かと視聴率低迷で喘いでいるフジテレビは、この日『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015~IZAの舞~』を放送していましたが、ボブサップvs曙などの名勝負をプログラムしたとしても、ようやくテレビ朝日やTBSと肩を並べるか、若干下回る程度で、視聴率も8.0%を切っています。

正直、筆者は、時折ザッピングしながら、テレビをみていましたが、フジテレビだけは、全く見向きもしていないどころか、存在そのものを忘れていたくらいです。

まぁ、フジテレビのことはおいといて、圧倒的に民放局と大差を付け続けているNHK紅白歌合戦ですが、2015年の大晦日に放送された紅白歌合戦は、第2部に限り、歴代最低視聴率を叩きだしてしまった、と話題になっているようです。

話によると、白組優勢の中で、紅組が大逆転勝利したそうで、紅組MCの綾瀬はるかさんも非常に驚かれていたようですが、これは歌合戦の結果であって、視聴者にとっては、どうでもいい話だと思います。

肝心なのは、『紅白歌合戦』という番組がどれだけ面白かったかという話で、その結果として、第2部の視聴率が最低だったことは紛れもない事実として残っています。

正直に言って、筆者も今回は、殆ど紅白歌合戦を見ていませんでした。

多少、ザッピングしている中で見ることはありましたが、ほとんど数分程度です。

あくまで筆者が見なかった理由としては、それほど話題性が多かったわけでもないのに、NMB48がSKE48を差しおいて出場していたこと、ジャニーズ枠があまりにも多くなり、その一方で、ももクロの落選などもありましたし…

ももクロ

紅白落選後、紅白卒業発表したももいろクローバーZ

1 2 3 4
ページトップへ