江角マキコの現在と芸能界引退の理由を調査!落書き事件の真相とは

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
江角マキコ


  • 『ぐるナイ(ゴチになります)』:日テレ
  • 『私の何がイケないの?』:TBS
  • 『バイキング』:フジテレビ

この3本に出演していたタレント・江角マキコさん。

いつの間にか、3本とも降板・番組終了してしまい、気がつけば、芸能界から完全に姿を消してしまいましたよね。

そのきっかけとなったのは、やはり落書き事件だったのではないかと思いますが、本当に、彼女が引退した理由は落書き事件が原因だったのか…

これまでにもトラブルを起こし続けてきた彼女だけに、まだ何か裏がありそうな気がしてなりません。

そこで、本記事では、もう少し具体的に、江角マキコさんの引退理由や、彼女が抱えていたトラブル・現状を探っていきます。

 

江角マキコが起こした数々のトラブル・不仲説

みなさんは、元女優・元タレントの江角マキコさんに対して、どのようなイメージを持たれていますか?

やはり、多くの方が、高飛車・傲慢というイメージを持っているのではないでしょうか。

それはショムニで彼女が演じた坪井千夏のように、自分勝手で傲慢なキャラがそのまま定着しているのかもしれません。

そして、さらにこのイメージを増幅させているのが、彼女がこれまでに起こし続けてきた数々のトラブル・不仲説です。

では、そのトラブル・不仲説の一部を紹介していきます。

・ママ友たちへの数々の暴言・陰口による中傷事件

これは、2014年7月30日に、発信した江角マキコさんのブログ記事が発端でした。

どんな内容だったかというと、

「人は人、自分は自分」

というタイトルで、当時9歳だった長女が通う小学校で、彼女の同級生のママ友たちから江角マキコさん自身がいじめを受けたと告白内容だったのです。

1 2 3 4
ページトップへ