べっぴんさんのストーリー結末ネタバレと主人公のモデルをチェック

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK

このことについて、制作統括を担当している三鬼一希さんは、

「裏でかぶってますしね。こちらがよくても、先方がダメなのでは?」

とジョークで会場の笑いを誘い、羽鳥慎一アナの起用は構想にないことを明かしています。

追記:2017年7月19日(視聴率について)

既に放送終了となっているNHK朝ドラ『べっぴんさん』ですが、その平均視聴率は、20.3%とまずまずの結果を出した印象です。

まぁ『とと姉ちゃん』の22.8%、『あさが来た』の23.5%と比較したら、あまりいい結果とは言えないのは事実。

ただ、テレビ離れも進んでいるこの時代で、

視聴率20%を切ってしまうタイトル(『まれ』、『純と愛』、『カーネーション』、『ゲゲゲの女房』など…)もある

くらいですから、視聴率20%を割っていないところを考慮して、及第点といえるのではないかと思います。

もともとNHK朝ドラは、比較的視聴率のいいドラマとして評価されています。

しかし、近年はNHK朝ドラでも20%を切ってしまうドラマが増え始め、ある種、この辺がボーダーラインとも一部で言われているようです。

まぁ好き嫌いなど賛否両論ではあると思いますが、『べっぴんさん』は、比較的面白かった作品だったと個人的に感じた次第です。

 

NHK朝ドラ『べっぴんさん』のストーリーあらすじから結末

それでは、続いて『べっぴんさん』のストーリーあらすじについて、紹介します。

『べっぴんさん』は、昭和の初めに神戸の山の手で生まれた、刺繍や手芸が大好きな女の子、

すみれ

がヒロインです。

すみれの家庭は、会社経営をする父、元気な姉と恵まれており、18歳の時にはお見合い結婚も果たすほど、まさにすみれの人生は順風満帆。

1 2 3 4
ページトップへ