内田篤人の怪我と日本代表復帰はいつ?シャルケでの評判も紹介

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田篤人

当然ながら相手がいるからです。

さらには『ものの弾み』というやつで、本人も注意していて、且つ相手にも悪意はない場合でも、偶発的に怪我をすることは十分にあり得ます。

サッカーという、相手と密着する機会の多いスポーツである以上、怪我を避けて通るのは、至難の業ともいえるでしょう。

怪我の大小はあるにせよ、一度も怪我をしたことのない選手はいないのではないでしょうか。

そう考えると、内田篤人選手はじめ、サッカー選手として生きている人々は、大変な世界に住んでいるのだなあ、とつくづく思います。

 

内田篤人選手の場合、当初は全治6ヶ月程度と言われていました。

その後、1年経って2016年になっても試合に復帰できず、リハビリを継続。

ところが、2016年6月のキリンカップのメンバーに、内田篤人選手の名前があったのです。

といっても、この6月のキリンカップでは、選手として試合に出場するのではなく、

練習に参加して他の選手とのコミュニケーションをすることが目的

だったのです。

そして、2017年になって、ついに内田篤人選手の本格復帰が近づいてきたようです。

2017年1月10日には、ベルギー1部のオストエンデとの練習試合で、

後半の45分をフルに出場

することができたのです。

内田篤人選手自身も

「せいぜい20分か30分くらいかな、と思っていたので」

と驚きの回復ぶりなのです。

しかもこの練習試合では、

ヘディングで勝ち越し点をアシストする

など、大活躍をしました。

練習試合での内田篤人選手自身の意義は、

「後半戦に向けての大事なテスト」

ということでしたので、これなら!という手応えは掴んだようです。

 

公式戦での正式な復帰戦は、少し前の2016年12月8日のヨーロッパリーグ(EL)でのザルツブルク戦。

1 2 3 4
ページトップへ