内田篤人の怪我と日本代表復帰はいつ?シャルケでの評判も紹介

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内田篤人

内田篤人選手にとっては、

1年9カ月ぶり

の正式試合出場でした。

ただし、この出場は内田篤人選手本人の言葉では、

リハビリを頑張ったご褒美

だそうで、内田篤人選手自身の感覚では、2017年1月10日の練習試合の方が、より喜びは大きかったようです。

この回復ぶりには、日本代表監督のハリルホジッチ監督も大いに喜んでいました。

 

ただし、現在のシャルケには、内田篤人選手離脱前のメンバーがほとんど残っていないため、復帰後のチーム内でのコンビネーションには一抹の不安が残ります。

そして、もうひとつ。

内田篤人選手は先日の練習中に、

左内転筋を痛めた

ようなのです。

現時点では、全治にどのくらいの時間がかかるかは不明です。

とはいえ、ドイツでの報道などをみる限りでは、重傷ではないみたいですね。

 

さて、内田篤人選手の現状を振り返ると、ようやく45分程度なら試合に出場できる程度まで身体が回復しました。

しかし、まだ完調にはほど遠い状態です。

とはいえ、これまでの練習のみという状態から比較すると、公式戦にも出場できるくらいまで回復したのですから、もうあと一息というところでしょうね。

 

内田篤人のシャルケでの評判は?

内田篤人

内田篤人

さて、内田篤人選手のシャルケでの評判を紹介するまえに、『シャルケ』というクラブチームからご紹介していきましょう。

内田篤人選手の所属する『シャルケ04』というチームは、ドイツの一部リーグ(ブンデスリーガ)に属するチーム。

ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州ゲルゼンキルヒェンが本拠地です。

この『シャルケ』は、ヨーロッパでは、よくある総合スポーツクラブであり、サッカー専門というわけではありません。

ただ、『シャルケ』の主力はサッカーのクラブチームです。

 

内田篤人選手は、2010年夏に、鹿島アントラーズからドイツのブンデスリーガの『シャルケ04』へ完全移籍。

移籍後は、すぐに右サイドバックのレギュラーに定着したのですが、当時の監督が、あの鬼・マガト監督ですから、内田篤人選手もさぞ大変だっただろうと思います。

その後も、常に上を目指す気持ちや、控えめで謙虚な性格なところが、シャルケの歴代監督や、チームメイトに好感を持たれ、シャルケにとって、内田篤人選手は、完全にいなくてはならないようなチームの一員となりました。

さらに嬉しい話題としては、内田篤人選手が負ってしまった怪我に対して、チームメイトからは暖かいメッセージがいくつも寄せられていたことです。

マイヤー選手、フェアマン選手、フンテラール選手の3人が、動画の中で、

「早く帰ってこいよ」

「俺たちにはお前が必要なんだ」

など、おぼつかない日本語で語りかけてくれたのです。

内田篤人選手の親友であるドラクスラー選手からは、

「大好きな内田へ。早く怪我を治して、しっかり休んで、シャルケに戻ってきてくれ。みんな寂しがっているよ。」

と、流暢すぎる日本語で語りかけたそうです

内田篤人選手は、シャルケというチームの重要なポジションの選手というだけではなく、チームに溶け込んだ大事な親しい友人なのでしょう。

 

それだけに今回の内田篤人選手の復帰戦の後では、ドイツのファンからも復帰を喜ぶ声が多数挙がっています。

ドイツのファンの声

素晴らしい瞬間だ! 約21ヶ月ぶりの内田の復帰だ

うっしーが出場した、もう他の事はどうでもいい

やった! ウッチーだ(*´∀`)

ウォッホ! おかえり、小さな巨人!

彼が本当にあそこにいるなんて、まだ信じられないよ

おかえりウッチー 寂しかったぜ!

おかえり! すごく嬉しいよ

ドイツのファンの喜ぶ顔が見えるような、言葉ですね。

次にハリルホジッチ日本代表監督の内田篤人選手への評価です。

ハリルホジッチ監督の内田篤人への評価

内田は素晴らしい。

近代フットボールに適した選手で、守れるしクロスもカウンターアタックも得意だ。

本格復帰にはまだだいぶかかるだろうが、まずは自分本来のレベルに戻し、代表の先発を勝ち取ってほしい。

内田篤人選手が日本代表に復帰すれば、

左の長友佑都

右の内田篤人

と、サイドバックに関しては、ベストと言える状態になりますね。

 

内田篤人の日本代表復帰の可能性は?

内田篤人

内田篤人

『内田篤人の日本代表復帰は?!』

これについては、内田篤人選手自身に日本代表復帰への意志がどの程度あるのか、その点がなんとも言えないところですね。

元々日本代表を辞退したのも、内田篤人選手自身の意志からです。

内田篤人選手から、代表辞退の真意は明らかにされておらず、はたして今後はどうなのか…

とはいえ、ハリル監督の内田篤人選手への日本代表復帰の希望は強いようで、スタッフをドイツに派遣するほどの力の入れようです。

現在の日本代表の左サイドバックには、

スピードとスタミナの長友佑都選手

ピンポイントのクロスやプレースキックの太田選手

などがいます。

ただ、右サイドバックは今一つ定着する選手がいないようです。

現在の日本代表には、初戦のホームゲームで想定外の敗戦となった上に、武藤選手や宇佐美選手など怪我人続出。

まさに危機的な状態にあります。

とくにサイドバック。

酒井高徳選手や酒井宏樹選手は、プレーの質があまり良くありません。

最近のイラク戦でも、右サイドバックの酒井高徳選手は、イージーなパスをコントロールミスしたり、肝心の所でボールを取られたり、決してよいプレーとは言えない状態でした。

現・日本代表がこのような状態です。

内田篤人選手の早期復帰は、ハリル監督はもちろんのこと、日本のサッカーファン全体にとっても、待ち望まれています。

ただ、そうはいっても1年半以上もプレーしていないので、復帰後に即試合への出場とはいかないでしょう。

なんとか2017年3月のワールドカップ最終予選の後半戦に、内田篤人選手が日本代表に復帰してくれれば、日本にとってはこの上ない朗報ですね。

 

1 2 3 4
ページトップへ