インフルエンザのA/B/C型の症状の違いとワクチンの予防効果

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医者


冬の時期というと、厄介な病気に、インフルエンザがありますよね。

インフルエンザは、感染が広まりつつあると、ニュースなどで注意喚起されるほどの病気です。

そしてインフルエンザといえば、最近、

『ワクチンが多くの型に対応するようになった』

という話を耳にしました。

では具体的に、インフルエンザのA型やB型とは、それぞれでどんな違いがあるのでしょうか?

当記事では、インフルエンザB型における症状や、ワクチン、予防法などから、A型との違い等を紹介していきたいと思います!

[adsense]

毎年流行しているインフルエンザ!

インフルエンザというと、

『冬に流行する病気』

という一般的なイメージがあります。

しかし、筆者の身の回りの話でいえば、真夏の8月に父がインフルエンザにかかったケースがありました。

このようにインフルエンザは、冬だけ注意していればいい、という病気ではありません。

 

また、インフルエンザは毎年流行しているにもかかわらず、意外とその病状を把握している人は少ないように感じます。

そもそも、インフルエンザに型(種類)が存在していることすら知らないという人も、それなりにいるみたいですね。

確かに、症状そのものは風邪ですし、

少し厄介な風邪

程度に捉えている人も多いかもしれません。

そして具体的に難しいことは度外視して、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • くしゃみ

などの症状が出たら要注意!などと考えられているのだと思います。

全てのインフルエンザに共通する症状もあるので、具体的な細かな症状よりも、インフルエンザの予防や感染時期などを把握したほうが良いという考えもあるのかもしれません。

 

さて、このインフルエンザの感染時期ですが、だいたいは

1 2 3 4
ページトップへ