インフルエンザのA/B/C型の症状の違いとワクチンの予防効果

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
医者

11月から翌年の3月くらいまで

が感染時期と言われています。

中でもピークが、1月末辺りと言われています。

ただし、真夏の8月にインフルエンザにかかることもあるので、インフルエンザの時期を過ぎたからといって、油断は禁物です。

夏のインフルエンザの原因としては、外国人旅行客などによって、新しい型のインフルエンザに感染してしまうことがあります。

夏にインフルエンザにかかってしまっても

「夏風邪かな?」

と、勘違いしてしまうこともあるそうです。

それだけにインフルエンザの症状は、しっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

インフルエンザの種類とその違い・症状は?

インフルエンザには、主にA型・B型・C型と種類が存在します。

ただし、インフルエンザA型の中にも、

  • H1N1型
  • H1N2型

など、細かく分類すると、さらに多くの種類に分けることができます。

ちなみに、最も流行しやすいインフルエンザはA型です。

ただし、近年はB型も、流行りやすくなっているようですね。

インフルエンザC型は、子供が稀にかかる程度で、そこまで流行するわけではないようです。

では、それぞれのインフルエンザの症状の違いを、見ていきましょう。

インフルエンザA型の症状

  • 高熱(38~40度)
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 鼻水
  • 寒気や悪寒(ふるえ)
  • めまい
  • 関節痛や筋肉痛
  • 倦怠感(だるさ)
  • 腰痛

が、インフルエンザA型の主な症状となっています。

インフルエンザA型は、毎年流行し、インフルエンザの中でもとくに凶悪な症状を引き起こします。

また、感染スピードは速く、人からの感染だけでなく、

動物からの感染もある

危険なウイルスです。

動物からの感染というと、鳥インフルエンザのウイルスもそうですね。

1 2 3 4
ページトップへ