J1リーグ2016-2017の年間順位の結果と優勝候補のクラブチーム!

Jリーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者もそれに異論はありません。

しかし、

柴崎選手の抜けた穴

は、どう塞ぐのでしょうか。

小笠原満男選手は既に盛りを過ぎています。

レオ・シルバ選手がフィットするかは、まだ未知の領域です。

ペドロ・ジュニオール選手の加入は大きいですが、少なくとも2016年を大きく上回る戦力ではないことは、確かですね。

FC東京

FC東京は、なんといっても大型補強が、2017年の目玉です。

大久保嘉人選手は、シーズン前の練習試合で6発と好調ですし、永井選手も得点しています。

また、中島翔哉選手が進境著しく、今年はかなりの得点とチャンスメイクを期待できます。

さらには、太田選手の復帰により、強力正確なプレースキックが期待できますし、高萩選手のボランチも存在感を見せるでしょう。

というように、2016年までの穴を全てふさぎ、課題の得点力もこれまで比べて格段に上がっています。

もうひとつ、篠田監督になってからの安定感と勝負強さも期待しましょう。

優勝候補の最右翼と言えます。

浦和レッズ

主力メンバーの層が厚く、とくにディフェンス面では強力な選手が揃っています。

ただし、2017年への補強はあまり大きなものではなく、目立つのはオナイウ阿道選手くらいです。

とはいえ、元々攻守に豊富な人材がいるので、戦力低下というほどのものではありません。

やはり、優勝候補の一角ですが、やや好不調の波があるのが不安ですね。

ガンバ大阪

ヤングプレーヤー賞受賞の若手のホープ井手口陽介選手に加えて、アデミウソン選手の完全移籍は大きなポイントです。

ただ、遠藤保仁選手、今野泰幸選手と主力の高齢化は否めません。

それに代わる有力選手の補強もできなかったようです。

実力的には次第に落ちてきていると、見てもよいのではないでしょうか。

サンフレッチェ広島

ここからは優勝候補の第2グループです。

  • 森崎浩司選手の引退
  • 佐藤寿人選手の移籍

これが、かなり大きなマイナス要素です。

工藤壮人選手の新加入はありましたが、戦力的にプラスに転じるという所までは行かないでしょう。

しかし、この数年で3回もJリーグ優勝という経験と、森保監督の手腕は期待できそうです。

ジュビロ磐田

ジュビロはなんといっても、中村俊輔選手の加入が大きいです。

とはいえ、中村俊輔選手の年齢から見ても、フルシーズンフル稼働というのは困難でしょう。

それにジェイ選手が抜けた穴も大きいですし、それに代わる選手も加入していません。

ただ、それでも2016年よりはかなり戦力はアップしていると思います。

川崎フロンターレ

例年J1上位に入っている川崎フロンターレ。

2017年は、かなり苦しい年になりそうです。

なんといっても、大黒柱の

大久保嘉人選手が抜けた穴

が大きすぎます。

大久保嘉人選手に代わるストライカーは、ついに補強できないままでした。

これまで川崎フロンターレが大量得点できたのも、大久保嘉人選手の存在が大きな要因となっています。

たとえ、直接得点しないまでも、大久保選手に気を取られて他の選手のマークが甘くこともありました。

2017年は、その点をどう補っていくのでしょうか。

ヴィッセル神戸

2016年のセカンドステージでは大躍進、迫力を見せました。

しかし、主力のペドロ・ジュニオール選手が鹿島に移籍してしまい、この穴は大きいですね。

豊富な資金力にものを言わせて、

  • FC東京から高橋秀人選手
  • ガンバ大阪から大森晃太郎選手
  • スポルティング・リスボンから田中順也選手

と、著名な選手を獲得しています。

これにより戦力的にはアップしたと見てよいでしょう。

経験豊富なネルシーニョ監督の手腕に期待しましょう。

ここまでが優勝候補グループの簡単な戦力分析でした。

それではその分析(というより妄想と願望)により、2017年のJ1リーグ優勝候補を占ってみましょう。

J1リーグ2017年の優勝候補は?

1 FC東京

大型補強による攻撃力のアップが、優勝候補ナンバー1の理由です。

2 鹿島アントラーズ

隙のない布陣と戦力で、今年も強力です。

3 浦和レッズ

補強はとくに目立ちませんが、攻守にバランス取れた浦和も、優勝候補の一角です。

4 ガンバ大阪

主力選手の高齢化による実力の低下は、やはりあるようですね。

Jリーグ2017年の年間順位の結果は?

Jリーグ優勝 we2014-dlc_6

続いては、J1リーグ2017年の年間順位の結果予想をしていきます。

第1位 FC東京
第2位 鹿島アントラーズ
第3位 浦和レッズ

第4位 ガンバ大阪
第5位 川崎フロンターレ
第6位 サンフレッチェ広島

第7位 ジュビロ磐田
第8位 ヴィッセル神戸
第9位 サガン鳥栖

第10位 柏レイソル
第11位 横浜F・マリノス
第12位 ヴァンフォーレ甲府

第13位 大宮アルディージャ
第14位 アルビレックス新潟
第15位 清水エスパルス

第17位 ベガルタ仙台
第18位 コンサドーレ札幌

簡単にこの年間順位の結果の理由もお話していきましょう。

1位から8位までは、優勝候補の紹介でお話しましたので、9位からです。

サガン鳥栖

FC東京に元日本代表のGK林選手を引き抜かれたものの、豊田陽平選手や、小野裕二選手の攻撃陣は強力。

柏レイソル

クリスティアーノ選手の残留とハモン・ロペス選手の加入は大きいプラス要素。

しかし、選手層が薄いのは、長丁場のリーグ戦では危ないかも!?

横浜F・マリノス

中村俊輔選手の移籍が痛いですね。

齋藤学選手は残留となりましたが、夏にはヨーロッパ移籍という話もあります。

そうなりますと、がっくり戦力が落ちるということもありそうですね。

ヴァンフォーレ甲府

外国人の補強をしたものの、飛び抜けた選手はいないようです。

2017年は降格もあるかも?

大宮アルディージャ

主力の家長選手、泉沢選手が抜けたので、攻撃力は間違いなく落ちているでしょう。

1 2 3 4
ページトップへ