Jリーグ2017年のJ2降格とJ1昇格チーム予想!制度と条件を解説!

Jリーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それでは、2017年のJリーグのクラブチームの昇格・降格の条件を紹介しましょう。

まず、JリーグのJ1からJ2への降格条件です。

J1リーグは、18のクラブチームにおける、ファースト・セカンドの2ステージを通じての年間総合順位が一つの基準になります。

この年間総合順位の年間勝ち点で、

下位3チーム(16位、17位、18位)がJ2に自動降格

することになります。

ちなみに、年間勝ち点が同じ場合は、

1 得失点差
2 総得点数
3 当該チーム間での対戦成績
4 反則ポイントの少ない方
5 抽選

この順で、降格が決定されます。

1~3は、サッカーでの一般的なレギュレーションです。

反則ポイントは他のスポーツの試合や、大会ではあまり見られない制度なので、ここで少し解説しましょう。

この降格の基準となる反則ポイントというのは、

警告(イエローカードなど)を貰うと、1回につき1ポイントが加算

されます。

退場(レッドカード)の場合は、一挙に3点の加算

となります。

その他にも細かな条件がありますが、反則ポイントを得てしまう主な原因は上記が多く、1~3の条件でも同率だった場合、

反則ポイントの少ない方が、リーグ残留

となるわけです。

もっとも、実際の昇格降格では、ほとんどの場合1~3で決まってしまいます。

この反則ポイントの差で降格という例は、あまり見られない稀有なことです。

また、通常ならばJ2降格のクラブチームは3チームですが、J2の昇格条件を持つクラブチームが、J1ライセンスを持っていない場合は、そのチーム数だけJ2降格のチームが減ることになります。

この『J1ライセンス』とは、日本サッカー協会(JFA) が、AFCの制度に基づき、

  • 『競技』
  • 『施設』
  • 『組織運営・人事体制』
  • 『財務』
  • 『法務』

の5分野において一定の基準により審査を行うものです。

1 2 3 4
ページトップへ