セカイノオワリのアルバムTREEの収録曲とおすすめ曲を紹介!

セカイノオワリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セカイノオワリ

残念ながら、1月にこのアルバム『TREE』が発売されたということもあり、次第に売上は下降線を辿ったようで、結局ミリオン達成とはいかなかったみたいですが、少なくとも2015年末時点では約50万枚の売上を達成したそうなので、まずまずの結果といえるのではないでしょうか。

そして、冒頭でもお話したとおり、2015年TSUTAYAレンタルCDランキング4位にランクインしているわけですから、彼らの人気の高さは頷けます。

ちなみに、彼らがブレイクする前に『世界の終わり』名義でリリースされた『EARTH』は、残念ながらオリコンランク15位と、当時は知名度もなく、あまり売れていなかったみたいですね。

いくら楽曲が素晴らしかったとしても、当時はセカオワが一部のファンを覗いて、ほとんど世に知られていなかった時代ですし、男女混成バンド(女性の誰かが楽器を担当しているという意味で…)がようやく増え始めたところだったという背景もあり、なかなか売れなかったのかもしれませんね。

あくまで大体の目安でお話しますが2000年辺り(199年代後半含めて…)から、『GARNET CROW』、『凛として時雨』、『WHITE ASH』、『サカナクション』と、徐々に増え始め、マイナーなバンドも含めて2010年辺りで一気に増えていった印象を強く受けます。

その中の一つとしてブレイクしたのが、セカイノオワリでした。

正直、筆者の第一印象は、

『また、けったいな混成バンドが登場してきた…』

というイメージでしたが、それはあくまで全く彼らのことを知らない時点での第一印象でしかなく、彼らの音楽を聴いてその印象は一変し、偏見で観ていたことを恥ずかしく思ったくらいです。

1 2 3 4
ページトップへ