堀江貴文(ホリエモン)の現在の仕事と凄い年収!歴代彼女も調査!

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
堀江貴文

そのため、堀江貴文さん(ホリエモン)の一つ一つの収入を調査するのは、難しくはっきりとしたことはわかりません。

しかし、推察することはできます。

たとえば、有料メルマガについて。

堀江貴文さん(ホリエモン)の有料メルマガは、約15,000人の会員がいるとされています。

そして堀江貴文さん(ホリエモン)のメルマガは、月額864円のため、年換算にすると約10,000円ですよね。

それが15,000人いるわけですから…。

堀江貴文さん(ホリエモン)は、メルマガだけで年間1.5億円を稼いでいることになります!

 

続いてはオンラインサロン。

堀江貴文さん(ホリエモン)のオンラインサロンは、月額10,800円となっています。

会員数は現在、1500人を超えたという情報があるため、これだけで

月収1620万!

年換算すると…

なんと、オンラインサロンだけで、年間1.9億円を稼いでいるわけです。

この時点で既に年間3億円以上を稼いでいるとわかったわけですが、このほかにも

  • コンサルタント業
  • 講演会
  • 書籍
  • テレビ出演
  • アプリ監修

といった活動をしています。

これらの収入も入ってくるため、堀江貴文さん(ホリエモン)の年収は、

とてつもない額になっている

ことだけははっきりとわかります。

最低でも、年収3億円は稼いでいるわけですから、もはや天の上の存在と言うに等しいです。

一般人では、一生をかけても堀江貴文さん(ホリエモン)の年収を稼ぐことは不可能のような気がしてきました。

 

堀江貴文(ホリエモン)の歴代彼女は?

最後に、堀江貴文さん(ホリエモン)の彼女について調べてみました。

調べてみると、堀江貴文さん(ホリエモン)の彼女と噂された人物は、かなりの数がいるようです。

しかし実際に交際していたかはっきりしている人自体は少ないみたいです。

さっそく堀江貴文さん(ホリエモン)の歴代彼女について紹介していきますね。

堀江貴文(ホリエモン)の歴代彼女1 起業時に交際していた一般女性

堀江貴文さん(ホリエモン)が初めて交際したのは、『オン・ザ・エッヂ』を設立した時に付き合っていた一般女性のようです。

お金を借りることもあったのだとか。

しかし、その後は別れてしまったそうですよ。

この彼女については、堀江貴文さん(ホリエモン)としては、一番特別な感情を抱いていた相手だったとも聞いています。

堀江貴文(ホリエモン)の歴代彼女2 でき婚をした一般女性

堀江貴文さん(ホリエモン)は、1999年に『オン・ザ・エッヂ』の社員と、できちゃった婚をしました。

2人の間には子供も生まれたそうですが、2002年になると離婚。

その後、子供の養育費は、しっかりと支払っているそうですが、

『子供には父親が堀江貴文さん(ホリエモン)であることを伝えていない』

とのことで、一度も会っていないのだとか。

完全に関わりを断ち切ってしまったようですね。

堀江貴文(ホリエモン)の歴代彼女3 西村美保

堀江貴文さん(ホリエモン)は、離婚した翌年に西村美保さん(現・金子美保さん)と交際していました。

2004年にスクープされ、一時期は六本木ヒルズで同棲していたとも言われていますね。

しかし、2005年には破局。

後に西村美保さんは俳優の金子貴俊さんと結婚しています。

堀江貴文(ホリエモン)の歴代彼女4 太田在

2006年に、堀江貴文さん(ホリエモン)はファッションモデルの太田在さんと交際していることがスクープされました。

太田在さんとは、2013年に堀江貴文さん(ホリエモン)が逮捕された際に一度は別れたのですが、出所後に復縁!

出所後に復縁をしたため、今度こそゴールインなのか?と思われましたが…。

堀江貴文さん(ホリエモン)と太田在さんは、原因は不明なものの、結局は破局してしまったようです。

堀江貴文(ホリエモン)の歴代彼女5 廣井ゆう

その後、堀江貴文さん(ホリエモン)は、女優の廣井ゆうさんと交際していることが報じられました。

しかし、廣井ゆうさん側が報道を否定、

さらに堀江貴文さん(ホリエモン)も、『755』で

「仲のいい友人の1人です!」

と交際報道を否定しているため、この情報はデマだということになります。

堀江貴文(ホリエモン)の歴代彼女(?)6 大島薫

2016年には、週刊文春が男性である大島薫さんと交際しているとの情報を報じました。

さすがの堀江貴文さん(ホリエモン)も、男性と交際するということはありえないでしょう。

実際、ツイッターにて堀江貴文さん(ホリエモン)は週刊文春を大バッシング。

笹川智美という記者に対し、

「クソ文春記者」

「人間のクズ」

と連呼していたので、かなりブチギレ状態にあったと思われます。

1 2 3 4
ページトップへ