Jリーグ2017!J1クラブチームのユニフォームと変更点をチェック!

Jリーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらがサンフレッチェ広島の2017年のユニフォームです。

基調である紫紺という色は、

王や皇帝などの王者を象徴する『インペリアルパープル』

という色のことで、この紫紺の色は2017年も変わらず採用されています。

縦縞の太さが上と下で微妙に変わっているようですが、これによって

距離によって見え方が違う

という、面白いデザインですね。

なお、2016シーズンとの最大の違いは、空白だった背中に『広島銀行』と新たに契約を結んだ企業のロゴが入った点です。

アウェー用ユニフォーム

新茶の色に似た緑が基調になっています。

この色は、

クラブの旗に使われている緑

からのものだそうです。

『ベノムグリーン』

という色で、

『LIGHT SPEED』

を表しています。

このアウェー用ユニフォームは、おなじナイキを採用している鹿島と浦和の色違いといった感があります。

とくに浦和のアウェー用ユニフォームとは、色までよく似ています。

なので、胸のロゴがないと間違えそうです。

そして、この広島のユニフォームのメーカーはナイキです。

 

Jリーグ2017!ガンバ大阪のユニフォーム

ホーム用ユニフォーム

ガンバ大阪の2017シーズンに向けた新ユニフォームは、チームカラーの青と黒のストライプです。

このチームカラーは2016年と変わりないですね。

このデザインコンセプトは、

KAGAYAKI ~大阪から世界へ輝くクラブへ~

というものだそうです。

ホームタウンである大阪から世界へと、『輝き』を放つチームと選手を表すストライプの間にクリスタル柄を入れたデザインで、

クリスタルグラフィック

というそうですよ。

アウェー用ユニフォーム

こちらもホーム用と同じくクリスタルグラフィックを採用し、『輝き』を表しています。

ホーム用と同様にボーダーデザインも取り入れています。

背中のロゴが

『シップヘルスケアホールディングス』

になったところが、2016年との違いです。

このユニフォームのメーカーはアンブロです。

 

Jリーグ2017!浦和レッズのユニフォーム

こちらは2016年のルヴァンカップを制した、浦和レッズの2017年ユニフォームです。

ホーム用ユニフォーム

2016年に引き続き、なんとも派手な色合いです。

このデザインは、

クラブ設立25周年を表す『25』を、ローマ数字の『XXV』で表現したものです。

このユニフォームのレプリカを着ていれば、目立ちに目立つこと請け合いのユニフォームですね。

ストライプの数は12本(11+1本)で、これはチームとサポーターの一体化を象徴しているそうです。

中央のダイヤモンド形の中のストライプも、25周年を表す25本となっています。

まぁでも、一々ストライプの数まで数える人がはたしているのでしょうか…。

アウェー用ユニフォーム

黄緑というか黄色がメインのアウェー用ユニフォームです。

一般的な黄色のイメージは、『警告』や『注意』です。

相手チームには、

「これは危険な相手だぞ!」

と警告する意味を持つのでしょう。

広島同様にカラーは『LIGHT SPEED』の色変わりです。

ロゴの位置と企業名が変わったところが、2016年とは違いますね。

Mitsubishi Motors(三菱自動車)からMitsubishi Heavy Industries(三菱重工)へと変わったり、日本KFCホールディングスが入ったりしています。

このユニフォームのメーカーはナイキです。

[adsense]

Jリーグ2017!FC東京のユニフォーム

次は2017年のFC東京ユニフォームです。

ホーム用ユニフォーム

2017年は大型補強で優勝を狙おうというチームにふさわしく、このユニフォームのデザインコンセプトは

躍進~さらなる高み~

です。

ちなみに2016年のコンセプトは、

EX(エックス)-energy(エナジー)=みなぎる力 -東京から世界へ-

という、まるでわけのわからないものでしたが、今年はわかりやすくて良いですね。

FC東京のシンボルである『青赤』は、2016年と変わりません。

赤のストライプが向かって左から右へと、次第に太くなっていくという、印象的なデザインです。

これはチームがダイナミックに変わっていくという意味があるそうですよ。

アウェー用ユニフォーム

基調はシルバーです。

上下に幅の違う縞を取り入れ、また、赤のワンポイントで力強さを表しています。

2016年との違いは、これまでのアンブロではシャツとパンツは同系統の色でしたが、2017年は

パンツが青

と変わっています。

このユニフォームのメーカーはアンブロです。

 

Jリーグ2017!横浜F・マリノスのユニフォーム

ホーム用ユニフォーム

2017年のコンセプトは、

スピードオブトリコロール

そのスピードを表すのが、

スピードグラフィック

というものだそうです。

しかし、そのスピードグラフィックというものが、どんなものなのかよくわからないのです(笑)

まさかカメラの『スピグラ』ではないと思いますが…

なお、スピグラとは戦前から1950年代あたりまで使われていた、プレス用の大判カメラで、映画『ローマの休日』にも登場します。

もちろん、現在は博物館でしかお目にかかれません。

2016年のユニフォームの方が、シックで直感的に理解できるという点で、個人的にはよかったような気もしますね。

アウェー用ユニフォーム

横浜F・マリノスの2017年のアウェー用ユニフォームのデザインコンセプトは

パワーオブサポーターズ

というものです。

白がベースで、サポーターの力を胸の青いグラデーションで表したものです。

デザイン的には非常にシンプル。

街中でも着やすいというメリットもありますね。

こちらもパンツのロゴに、『EZインベスト証券』と、新規契約のスポンサー名が入りました。

こちらのユニフォームのメーカーはアディダスです。

 

Jリーグ2017!ジュビロ磐田のユニフォーム

ホーム用ユニフォーム

ジュビロ磐田の2017年シーズンの新ユニフォームは、基調がおなじみのサックスブルーです。

ただ、2016年のユニフォームより、

かなり明るい色合い

になっています。

肩から袖にかけてのストライプは、

Pumaおなじみのアパレルフォームストライプ

で、ドットのプリントを取り入れています。

ユニフォームとしてはシンプルですが、よいデザインだと思います。

アウェー用ユニフォーム

ベースが紺で中々シックですね。

10番はもちろん2017年の磐田の看板、中村俊輔選手の背番号です。

ユニフォームのスポンサーは、2016年と変わりないようです。

メーカーはプーマです。

ネックがクルーネックというのが、このユニフォームの特徴ですね。

 

Jリーグ2017!ヴァンフォーレ甲府のユニフォーム

ホーム用ユニフォーム

ヴァンフォーレ甲府の2017シーズン新ユニフォームは、戦国時代の有名な大名である、

武田信玄の家紋 武田菱

をイメージしたものです。

武田菱の紋をつけた甲冑に身を包んだサッカーのサムライ

ということなのでしょう。

武田信玄は、上杉謙信とならんで戦国最強の武将と言われ、織田信長さえ戦いを避けたと言われています。

その武田信玄の精神を継いで、迫力やスピードをシンボライズしたのが、この武田菱のデザインなのです。

チーム名のヴァンフォーレは、フランス語の

Vent(風 ヴァン)

Foret(林 フォーレ

(このeは、本来はフランス語の文字なのですが、文字化けするためにeで代用しています。)

からの造語で、武田信玄の旗印である

風林火山

に基づいています。

アウェー用ユニフォーム

アウェー用ユニフォームも、ホーム用と同様に武田菱をイメージしたチェック柄となっています。

全体的には、ホーム用の色違いという感じですね。

ロゴは2016年とほぼ同じのようです。

 

Jリーグ2017!サガン鳥栖のユニフォーム

ホーム用ユニフォーム

サガン鳥栖の2017年シーズン新ユニフォームは、

アクセラレーション(加速力)

がコンセプトです。

このアクセラレーションとは、

さらなる進化を加速させる

という意味だそうです。

色調は明るいブルーを主体に、ボールドボーダーに白を組み合わせて、スピード感を表現していますね。

アウェー用ユニフォーム

これはまた、

白地にピンクのストライプ

というかなり目立つ配色ですね。

襟にはプルーのストライプが入っていて、中々おしゃれ。

スポンサーのロゴは、2016年と同じのようです。

 

Jリーグ2017!ベガルタ仙台のユニフォーム

ホーム用ユニフォーム

ベガルタ仙台の2017年シーズンの新ユニフォームのコンセプトは、

強さの融合

これはまた派手なユニフォームです。

基調は、『ベガルタゴールド』という黄色で、2016年のユニフォームでは使われていなかったチェック柄を取り入れています。

しかもパンツは青なので、

黄色と青という凄い色の組合せ

1 2 3 4
ページトップへ