楽天2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FAにより移籍してきたのは、もはや説明不要の西武のエース・岸孝之投手です。

縦に大きく割れるカーブ

が最大の武器で、再びカーブが注目されるきっかけを作ったのが、他でもない、この岸投手でした。

また、平均140キロ前半という、そこまで速くないながらも、ノビがあり、空振りを取れるストレートも魅力。

楽天の若手たちが、岸投手から技術を盗むことで、さらなる成長をしてほしいところですね。

則本投手とのダブルエースとしての活躍はもちろん、岸投手には、若手たちの兄貴分として、育成面でも重宝する存在となることでしょう。

2017年の楽天の移籍補強選手2 細川亨

ソフトバンクを戦力外となった細川亨選手も、楽天に加入しました。

細川選手と言えば、西武では

岸投手とバッテリーを組んだこと

もあり、経験豊富なベテラン捕手です。

ソフトバンクにも在籍していたため、楽天が2016年に苦しんだソフトバンクの情報も持っています。

選手の実績としてはもちろん、情報戦でも活躍が期待されます。

岸投手とは同じ東北出身です。

西武時代のバッテリーということもあるので、細川選手の存在が、岸投手の移籍した不安を和らげてくれることでしょう。

楽天の正捕手は嶋選手ですが、ここ数年は怪我が多く、よく離脱するため、代理で1人、経験豊富な捕手が必要でした。

そこに細川選手が移籍してきたことで、さらに選手層の厚みが増したことになります。

ベテランが少なくなった今の楽天では、経験豊富な選手として、若手たちの精神的支柱になってほしいですね!

2017年の楽天の移籍補強選手3 小山雄輝

巨人からトレードで加入したのが、小山雄輝投手です。

小山投手は、187センチの長身から振り下ろされる

  • 最速150キロのストレート
  • 緩急のあるカーブ
  • フォーク

が持ち味です。

持ち球のフォークは2種類あり、スプリットのような浅い変化、そして決め球となる深い変化があります。

長らく巨人では先発ローテーション候補として期待されており、現・日本ハムの大田泰示選手同様、何度も飛躍のチャンスがあったのですが、それを活かせませんでした。

コントロールがいい時はとても素晴らしい投球をするのですが…。

やはり定着できないタイプの選手の典型である好不調の波が激しいタイプです。

それが克服できれば、

先発としても、ロングリリーフとしても活躍できる

そんな選手となるでしょう。

新天地・楽天で、ぜひ一花咲かせてほしいですね。

素質は十分あると思っているので、環境が変わると大化けするタイプかもしれません。

 

2017年の楽天の新外国人フランク・ハーマンの評価

最後に、楽天に2017年から補強された新助っ人外国人、

フランク・ハーマン投手

についてご紹介しますね。

外国人は、既に、

  • ウィーラー選手
  • ペゲーロ選手
  • アマダー選手
  • フェルナンド選手

の残留が決まっているため、2017年は投手のみの獲得みたいですね。

ハーマン投手は現在32歳、5月には33歳を迎える右腕。

ハーバード大学卒という、インテリな一面もある投手です。

2016年には最速153キロのストレートを記録。

全盛期の157キロほどではありませんが、それでも十分に速いストレートを持っています。

また、変化球はスライダーとカーブを持っており、どちらも縦変化をする球種のようですね。

ストレートは、

193センチの長身から振り下ろされること

ボールがかなりスピンすること

1 2 3 4
ページトップへ