浅野拓磨の年俸は激安?プレースタイルは足の速さが武器の高速FW

サッカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野拓磨

ジャガーポーズ

ジャガーポーズ

以上が、浅野拓磨選手の経歴プロフィールとなります。

 

次に、浅野拓磨選手のプレースタイルですが、なんといっても、50メートル走を

5.9秒

で走りきるスピードが彼の特徴です。

ちなみに、陸上界のスーパースターであるウサイン・ボルト選手の50メートル走は、5.47秒だそうです。

さすがに、ボルト選手に劣るとはいえ、サッカーの選手で50メートル5.9秒は、俊足と言えるでしょう。

そしてより短い30メートル走では、なんと

3.67秒

という驚異的なスピードを発揮しています。

このタイムは、サッカーで最速と言われた

オーバメヤン選手(30メートル走3.70秒)

100mの世界記録保持者のウサイン・ボルト選手(30メートル走3.78秒)

の記録より速いのです。

短い距離とはいえ、陸上競技のスペシャリストで世界記録保持者のボルト選手より速いというのは、驚異以外のなにものでもありません。

この短い距離で速いということは、瞬間的な加速力が高いということだと思います。

この瞬間的な加速力は、サッカーにおいては50メートルや100メートルのタイムより、ずっと大切な能力です。

元日本代表だった中田英寿さんは、50メートル走ではむしろ遅い方でしたが、相手と並んで走っていて、一瞬で相手を振り切る時の瞬発力は、すごいものがありましたね。

そんな瞬発力が、浅野拓磨選手にもあるわけです。

実際に、U23AFC決勝戦では、浅野拓磨選手は試合後半から出場し、その俊足を活かし、韓国から2点をあげる大活躍で、U23日本代表を優勝に導きました。

1 2 3 4
ページトップへ