中日2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中日ドラゴンズ

ナニータ選手については、ナニータコールが好きだっただけに、寂しくなりますね…。

 

2017年の中日ドラゴンズのドラフト新加入の選手

続いては、2017年から中日でプレーする新戦力についてご紹介します。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーからです。

中日ドラゴンズのドラフト指名選手

  • 柳裕也
  • 京田陽太
  • 石垣雅海
  • 笠原祥太郎
  • 藤嶋健人
  • 丸山秦資

中日ドラゴンズの育成ドラフト指名選手

  • 木下雄介

注目は、やはりドラフト1位ルーキー・柳裕也投手、そして2位の京田陽太選手です。

六大学No.1投手、そして大学No.1野手の2人を指名できたのは、非常に大きな収穫ですし、将来への期待も高まります。

2017年は、我慢のシーズンになると思うので、筆者としては、あまり即戦力という面にこだわらず、じっくり育成をしてほしいと思います。

 

そして、新たに移籍で中日に加わった選手も、1名だけいますので、ご紹介しましょう。

とは言っても、中日ファンにとっては馴染みの深い選手ですよね。

そう。

楽天を戦力外になった後、育成契約として中日に戻ってきた、岩崎達郎選手です。

走守の優れたスーパーサブである岩崎達郎選手は、中日時代は、いわゆるアライバコンビの全盛期だったため、代走要員でした。

そして、出番が少なかったこともあり、2013年に楽天へ金銭トレードで移籍。

その後、2016年に戦力外通告を受けますが、落合GMの勧めで中日のテストに参加、そして育成契約に至るのです。

筆者としては、30歳を過ぎて育成契約ということは、

コーチとしての才能をテストしているのでは?

とも思え、若手の育成がメインになりそうな気がしています。

1 2 3 4
ページトップへ