中日2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中日ドラゴンズ

いずれにしても、中日ファンにとっては、古巣に戻ってきてくれたことが嬉しいので、ぜひもう一花咲かせてほしいところです!

 

中日ドラゴンズの2017年の新助っ人外国人!

続いては、2017年から中日でプレーする、新助っ人外国人の紹介です。

2017年の中日の新外国人1 エルビス・アラウホ

エルビス・アラウホ投手は、まだ25歳という伸びしろのある速球派左腕。

何といっても最大の特徴は、

身長201センチ

体重124.7キロ

という身体の大きさでしょう。

その巨漢から繰り出される

最速156キロのストレート

は、長身から振り下ろされて角度がつくことから、非常に強力な武器となります。

短いイニングでアラウホ投手と対峙すると、相手としては、非常に嫌でしょうね。

攻略法を見出す前に3アウトチェンジ、という流れが作れそうなので、基本的にはセットアッパー、抑えとしての起用を考えているみたいです。

しかし、アラウホ選手は

『先発をやりたい』

という希望を持っているとのこと。

もしかすると、その時のチーム状況で判断、ということになりそうですよ。

上手く化ければ、ソフトバンクのサファテ投手のような怪物投手になれる逸材です!

2017年の中日の新外国人2 ホルヘ・ロンドン

2人目は、ホルヘ・ロンドン投手です。

28歳のロンドン投手。

こちらも、アラウホ投手と同様に速球派の投手。

最大の魅力は、平均150キロ後半、そして

160キロを超えることもあるストレート

でしょう。

アメリカでは、2016年でも160キロを計測しているため、急速に衰えはなく、豪速球は健在。

スライダーは、決まる時はものすごい曲がりを見せますが、甘く入って痛打されるということも珍しくないため、やや制球難なところがネックですね。

力押しの投手なため、どちらかというと、中日で言えば岡田投手のような、連投のきかないロングリリーフ向きタイプ。

セットアッパーのような、重要な局面を任せられるとは言えなさそうです。

2017年の中日の新外国人3 アレックス・ゲレーロ

3人目の中日の新助っ人外国人は、アレックス・ゲレーロ選手。

キューバリーグでは非常に素晴らしい成績を収めたため、メジャーリーグでも大型契約を結ぶことが多かった実力者です。

打撃の方はというと、典型的な引っ張りバッター、かつフリースインガーで、好不調の波が激しいタイプです。

しかも、三振率は非常に高く、メジャーリーグでは、

ほぼ4打席に1回は三振をしている

というほどの三振の多さ。

そのため2016年で言うと、横浜DeNAのロペス選手のような、好調時と不調時が極端になりそうな予感がします。

間違いなく、安定感には欠けるでしょう。

また、守備はショート、セカンドと回され、最終的にサードに落ち着いており、一応、外野も守れるみたいですが、サード以外は微妙です。

基本的には、サードを守り、高橋選手とレギュラーの座を争うことになりそう。

一発長打が期待できる選手ではあるのですが、安定感に欠けるため、ビシエド選手と並べてしまうのは、少し不安が残りますね…。

2人とも絶好調ならば、手のつけられない打線になるのですが、2人とも絶不調だと、打線として全く機能しなくなってしまいますから…。

1 2 3 4
ページトップへ