バレンタインの義理と本命の見分け方!その由来や本当の意味は?

バレンタインデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その一方で、

  • かなりラッピングに凝ってる
  • 手作りのような特別な一個しかないチョコ
  • 一人のときにもらった

この場合は、本命と考えていいでしょう。

とくにシチュエーションとしては、1対1で渡された場合、本命の可能性はグッと高まります。

社内恋愛において、厳しい目で見られがちな会社などでは、他の社員がいる前で本命チョコなんて渡せるわけがありません。

あえて場所を指定して1対1で渡すのですから、本命チョコであると考えてもおかしくないでしょう。

チョコレートのプレゼント

逆に堂々と、他の社員の前で同じチョコを配り歩くようなシチュエーションとなると、どう考えても義理チョコでしょうね。

そういった部分から、本命か義理かの判別は可能だと思います。

しかし、あくまでこれは目安でしかありません。

中には義理と思っていたにも関わらず、実は本命だったというケースもあるでしょう。

『付き合ってください』

『愛しています』

などの愛の告白があれば、どう考えても本命です。

これはわかりやすいのですね。

自信がない場合は、告白されなければ義理チョコ、と考えても良いのかなぁ…

などと、筆者は思った次第です。

ちなみに、1対1でチョコを贈られると、義理チョコであっても、男性心理として、

『もしかして自分に気があるのでは?』

と誤解しそうです。

また、『手作りチョコ』というのも大勢に配り歩いていない限り、本命チョコと誤解するかもしれません。

なにはともあれ、少しでも特別なものにしてしまうと、それだけで変な誤解も生まれかねません。

『義理チョコですが、よかったらどうぞ』

と、感謝の言葉があれば、義理チョコであることがはっきりするでしょう。

 

まとめ

今でこそ、海外でもバレンタインデーに男性にチョコを渡す地域もあるのかもしれませんが、もともとチョコを女性から男性に渡すという風習は日本発祥です。

そして、義理チョコの文化も日本独特のものです。

一部では、

『義理チョコなんて面倒だ…』

と考えている方もいます。

しかし、うまく使い分ければ、女性にとっては、普段あまり接点を持たないような男性とのコミュニケーションツールとしても活用できます。

面倒と思わないように有効的に利用しましょう。

1 2 3
ページトップへ