バレンタインの義理チョコの予算相場とおすすめのコンビニチョコ

バレンタインデー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そのことを考えれば、バレンタインデーの義理チョコに掛ける予算というものは、3,000円程度なら安いと思えるかも…。

 

バレンタインの義理チョコの予算を抑えるコツ

チョコ

バレンタインシーズンに入ると、義理チョコにどれだけの予算をかけるのか。

また、義理チョコを誰に渡すのかで、あれこれ頭を悩ませている女性をよく見かけるようになります。

それだけ、女性たちにとってバレンタインデーは、いろんな意味で力の入るイベント行事と言えるでしょう。

本命チョコなら豪華なものにしてみたり、ラッピングもオリジナルに。

また、手作りチョコで想いを伝えたりと、女性たちも相手の喜ぶ顔を想いながら、楽しんで本命チョコを選定(あるいは手作り)していることと思います。

しかし、義理チョコとなると、儀式的な意味合いもあって積極的に贈りたい女性ばかりではありません。

何人にも義理チョコを贈らなければならないケースもあるために、ある程度の予算も必要となってきます。

そこで義理チョコで悩んでいる女性たちに、

少しでも義理チョコ予算を減らし、経済的な負担を軽減するコツ・方法

を紹介します。

義理チョコ予算を抑える方法1 複数セットで購入する

義理チョコにおいて、一つ500円くらいの高価なものを購入することは、ほとんどないでしょう。

明らかに義理チョコということを前提で渡すなら、たとえ1個が数十円レベルのチョコでも、男性は意外と喜んでくれます。

なので、コンビニなどで売っているチロルチョコの箱詰めを購入しておいて、それを一個ずつ配って歩く、というのも義理チョコの贈り方としては有効だったりするみたいですよ。

チロルチョコ

チロルチョコ

1 2 3 4
ページトップへ