きんぴか(ドラマ)のストーリーあらすじ~結末と原作ネタバレ考察

ドラマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
きんぴか

このドラマ『きんぴか』は、既に放送は終了しています。

何事にも権力が優先され、筋が通らない理不尽な世の中だからこそ、一見の価値がある『勧善懲悪』のドラマ。

そのためか、この『きんぴか』というドラマは、多くの視聴者に支持されていたようです。

では、改めてドラマ『きんぴか』のストーリーあらすじを振り返っていきましょう。

 

13年前、所属する組織・天崇連合会岩松組のため、単独行動ながら、敵対する銀鷲会組長の命を取った

阪口健太(役:中井貴一)

は、その容疑で逮捕。

彼は、裁判の末、13年の懲役刑を受けることとなりました。

13年後、刑期を終えた健太が刑務所を出ると、出迎えたのは、ただ一人の老刑事・向井権左衛門(役:綿引勝彦)のみ。

天崇連合会岩松組の組員は、誰ひとりとして、健太を出迎えに来なかったのです。

単独行動とはいえ、組のために罪を犯し、刑期を終えた健太にしてみれば、

「お勤めご苦労様」

と、多くの組員が出迎えてくれるはずと想像していたはず…。

しかし、理想と現実は全く異なり、組織が自分を見放したことが分かり、落胆している健太。

そこに向井は、

「バカが、捨て駒になりやがって」

と、現実をつきつけます。

一方、最強の肉体を持つ

自衛官・大河原勲(役:ピエール瀧)

は、安全保障関連法案の撤回を求め、一人クーデターを敢行します。

しかし、組織による権力にねじ伏せられ、クーデターは失敗に終わり、完全に爪弾きにあいます。

また、同じ頃、政治家・山内龍造(役:村井國夫)の優秀な秘書として活動していた

広橋秀彦(役:ユースケサンタマリア)

は、山内の収賄容疑を被って逮捕されてしまいます。

彼自身は、何一つ罪を犯していないにも関わらず、離婚の危機に陥ってしまうのです。

1 2 3 4
ページトップへ