うるう年の意味と豆知識!2月29日の誕生日年齢計算方法をチェック

雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『うるう年』とは、4年に1度、2月29日が登場することだと思っている人がほとんどなのではないでしょうか?

しかし、実はうるう年とはそんなに単純なものではないのです。

なんとうるう年が一年に一度でない時もあるのだとか…。

うるう年における誕生日のからくりなど豆知識がたくさんあるので、本記事で、うるう年の豆知識をまとめていきたいと思います!

うるう年とはいつ?どんな意味?

皆さんははうるう年について、どれくらい知っていますか?

多くの人は、せいぜいオリンピックと同じで、4年に一度だけ2月29日が登場するということをご存知なのではないでしょうか。

または、1年が厳密には365.24219日で、その端数を調整するために、うるう年が誕生した話くらいしか知らないかもしれません。

しかし厳密には、4年に1度うるう年があるわけではないということをご存知でしたか?

たとえば、2100年。

2100という数字は、4で割り切れるので、うるう年なんだろうと思ってしまうかと思います。

しかし、実は2100年は、うるう年にはならないのです。

「一体なぜ?」と思う人もいるでしょう。

そこできちんと、うるう年の定義について触れていきたいと思います。

まず、皆さんも知っている通り、4で割り切れる年…つまり4年に1度、これがうるう年になりますよね。

実は、上記のようにうるう年を4年に1度制定しただけでは、365.○○という小数点のズレが正確には直らないのです。

そのため、グレゴリオ暦では、うるう年の条件に、次の2つも追加されています。

  • 西暦年が100で割り切れる場合は平年
  • しかし、400で割り切れる場合はうるう年とする

例に挙げた2100年は100で割り切れますが、400で割り切れないのでうるう年にはなりません。

一方で、2000年は100で割り切れ、400でも割り切れるのでうるう年になるわけです。

つまるところ、うるう年とは4年に1度あるというわけではなく、400年に97回あるということが、適切なのだそう。

うるう年が2月にあるのはなぜ?

ここまで、グレゴリオ暦におけるうるう年の意味や設定基準を紹介しました。

ただ、あくまでも現代におけるうるう年です。

うるう年には豆知識もいくつかありますので、続いてはそちらを紹介しましょう。

うるう年の豆知識① うるう年として2月に1日追加される理由

400年に97回のうるう年があることはわかりました。

しかし、なぜうるう年で追加される1日が、2月なのでしょうか。

実は、これにも明確な理由が存在しています。

そもそも、約2700年前の古代ローマでは、暦上の3月を1年のスタートとして定められていました。

しかも当時は、10ヶ月で1年とされていたり、12ヶ月で1年とされていたりと、バラバラの風習だったと言われています。

それが、ユリウス・カエサルの時代に入ると、1年をが12ヶ月という考え方が定着するようになり、偶数付きは30日、奇数付きは31日と制定されるように。

その上で、2月が最終月と定めたため、うるう年で追加されるのが年末、つまり2月末だったわけですね。

1年365日が基本だったため、最後の2月のみ28日と定め、うるう年に29日になる…。としていたのです。

このように、はるか昔の暦のシステムの名残で、2月にうるう年の1日が追加される理由だったのです。

うるう年の豆知識2 2月の日数が他の月よりも少ない理由

きっとカレンダーを眺めていると、誰もが一度は疑問に思ったことがあると思うのですが、2月はなぜか、他の月より日数が少ないですよね。

通常は29日、うるう年が30日というのであれば、まだわかる気もします。

しかし実際には、うるう年ですら29日しかなく、通常は28日と、明らかに他の月よりも少ないです。

実は、これもある理由から、このような不可思議な現象が起こってしまっているのです。

その理由・背景に大きく影響をもたらしたのが、約2100年前に初代ローマ皇帝に就いていたアウグストゥスという人物のわがままだったのです。

どういうことかというと、当時の暦上では、2月は通常の年は29日、うるう年は30日とされていました。

ところが、アウグストゥスが誕生月(8月)に、自身の名前を付けて呼ばせようとした(Augustの由来)ところ、たまたま8月が30日しかないことに気づき、アウグストゥスは激怒します。

そして、強引にも、8月を31日に変更させ、9月・11月を30日、10月・12月を31日と8月以降が交互に30日、31日となるように帳尻合わせしてしまったのです。

さらに、8月を余分に1日追加した帳尻合わせとして、2月を1日減らしたのです。

つまり、アウグストゥスの完全なるわがままのために、2月に災難が降りかかってしまったということに。

2月が昔は1年の最終月とされていたことも含め、2月は皇帝たちに軽視されていたところがあったのかもしれませんね。

なんとも悲しい運命を辿った2月です。

うるう年の2月29日が誕生日の人の計算方法は?

気になる部分が多い、2月29日。

最も多くの人が感心を持っているのは、誕生日ではないでしょうか?

2月29日が誕生日という人は、どのように年齢を計算していくのか?

その計算方法が気になりますよね。

うるう年の2月29日が誕生日の人は、誕生日のイベントもスルーされてしまい、4年に1度しか祝ってもらえない話も聞きます。

さて、気になるうるう年が誕生日の場合の計算方法です。

決して、うるう年の2月29日に生まれているからといって、うるう年以外に誕生日が消滅してしまうわけではありません。

行政手続きなども、存在しない日にちになってしまうと不便ですからね。

基本的にうるう年以外は、2月28日の午後12時(または、3月1日の午前0時)に1歳増えます。

また、区役所への出生届も、2月29日生まれの人は誕生日をずらして、28日生まれまたは3月1日生まれとして届出を出すことも可能。

つまり、2月29日に生まれた人は、

  • 2月28日
  • 2月29日
  • 3月1日

の好きな日を誕生日と決めて、29日の人のみ、2月28日か3月1日に、誕生日のお祝いをしてもらえば良いということです。

たとえ、うるう年に生まれたからといって、年齢が重なることには支障はないわけで、年をとらないという説は完全に迷信です。

うるう年に4年に1度のオリンピックが開催される!?

前回のうるう年は2016年でした。

次のうるう年は、2016年の4年後つまり、2020年になります。

2020年といえば東京オリンピックが行われる年。

つまり、うるう年はオリンピックが開催される年でもあるのです。

うるう年の年に4年に1度のオリンピックが行われると覚えると、わかりやすいかもしれませんね。

まとめ

うるう年は、暦上の誤差を調整するために4年に1度、1日追加する必要があるために誕生したようです。

そして、2月となった理由は、古代ローマ時代の名残だったこともわかりました。

そのため2月生まれの人にとっては、少し迷惑な話かもしれませんが、基本的に誕生日が消滅し、年齢を取らなくなることはありません。

また、うるう年には4年に1度のオリンピックが開催されることがわかりました。

風習などを調べてみると、意外と知らなかった新事実がわかり、面白いですね。

ページトップへ