ヤクルト2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の選手については、大半が伸びないと判断された若手や、必要の感じられない助っ人外国人だったので、大きな痛手にはならなさそうです。

ヤクルトの戦力的には、マイナスと感じる要素はないように思いますね。

 

ヤクルトの新加入選手を紹介!

続いては、ヤクルトに2017年から加入する選手たちを紹介します。

まずは、ドラフトで指名したルーキーです。

ヤクルトのドラフト指名選手

  • 寺島成輝
  • 星知弥
  • 梅野雄吾
  • 中尾輝
  • 古賀優大
  • 菊沢竜佑

ヤクルトの育成ドラフト指名選手

  • 大村孟

ヤクルトのドラフト会議の結果は、見事に現在のチーム状況が反映されている結果となりました。

ドラフトで大量の補強を行ったと言っていいようなものです。

それもそのはず。

なんと、ドラフト加入の新人は、

投手と捕手しかいない

のです。

中でも注目なのは、ドラフト1位の寺島成輝投手、そしてドラフト2位の星知弥投手ですね。

ドラフト1位の寺島投手は、高校BIG4と呼ばれた1人です。

ストレートはそこまで速くないものの、力があるため打者を押しきれるのが魅力。

さらには多彩な変化球で、緩急を活かした投球が持ち味です。

先発左腕の不足しているヤクルトにとっては、補強ポイントと合致し、またとない逸材と言えるでしょう。

ドラフト2位の星投手は、最速156キロのストレートが魅力の右腕。

明治大学時代は、先発として期待されながらも、基本的にはリリーフエースとして活躍。

中継ぎ不足で、中継ぎの補強が急務だったヤクルトにとって、150キロを超えるストレートを投げ込める投手が欲しくないはずがありません。

おそらく即戦力として、開幕1軍もありえるのではないでしょうか?

 

1 2 3 4
ページトップへ