ヤクルト2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いずれにしても、

うまくハマれば2桁勝利!

ということもありえるだけに、ヤクルトはなかなか面白い補強をしたな、と思わされました。

ヤクルトの2017年の新外国人選手4 ディーン・グリーン

ヤクルトの2017年の新助っ人外国人としては、唯一の野手となるディーン・グリーン選手。

グリーン選手は、メジャーリーグ経験が1度もない27歳。

メジャーリーグ経験がないため、データに乏しいのですが、調べてみると、

尖ったところのない、平均的な中距離バッター

との見解を示すサイトが多かったみたいです。

また、守備が下手という情報もありました。

 

…いったいヤクルトは、なぜグリーン選手を補強として獲得したのか…

理解に苦しみます。

ただおそらくは、

畠山選手が怪我をした際の代理として考えているのではないか?

と思います。

 

以上が、ヤクルトに2017年から加入する新助っ人外国人でした。

補強ポイントの投手という意味では、オーレンドルフ投手とブキャナン投手が合致しており、筆者的にも気になります。

ギルメット投手も、ロマン投手のような便利屋としての活躍が期待されます。

とくにブキャナン投手。

技巧派の投手は、キャンプなどの練習ではなかなか目立たないことから、シーズンが開幕するまで、あまり注目する人は多くないと思われます。

しかし、広島のジョンソン投手のようになれる可能性を秘めているため、ヤクルトファンの方には、ぜひブキャナン投手に注目してほしいですね。

 

まとめ

ヤクルトの2017年の移籍・ドラフト加入、新外国人選手についてご紹介しました。

ヤクルトの補強という意味では、外国人選手がかなり注目ポイントになっている、と思います。

グリーン選手は何とも言えず、微妙なのですが、残りの3人の投手は、ヤクルトの補強ポイントと合致しており、彼らの活躍次第では、

ヤクルトの優勝!

もありえるでしょう。

もちろん、主力メンバーのケガによる離脱という、恒例行事がなければですが…。

実にいい外国人選手の補強をしたと思っていますので、2017年のヤクルトは、

選手の怪我

これがペナントレースの行方を左右すると言っても過言ではありません。

というよりも、ヤクルトの場合は、毎年これがポイントになりそうな気もしますね。

1 2 3 4
ページトップへ