ソフトバンク2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手を紹介

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他では、細川選手を戦力外にしましたが、スタメンを任せられる捕手が、ベテランの鶴岡選手のみというのは不安です。

どのチームも課題として残っている問題、ソフトバンクも正捕手の世代交代が急務と言えるでしょう。

 

ソフトバンクの2017年の新加入選手を紹介!

続いては、2017年からソフトバンクでプレーする新加入選手を紹介していきます。

ソフトバンクの補強ポイントとなるのは、

長距離砲、正捕手候補、完投型の先発、そして中継ぎ

です。

ソフトバンクはどんな補強を行ったのか?

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーからご紹介します。

ソフトバンクのドラフト指名選手

  • 田中正義
  • 古谷優人
  • 九鬼隆平
  • 三森大貴

ソフトバンクの育成ドラフト指名選手

  • 大本将吾
  • 長谷川宙輝
  • 田城飛翔
  • 森山孔介
  • 清水陸哉
  • 松本龍憲

以上となります。

支配下ドラフトはたったの4人です。

それでも見事に2017年のソフトバンクに必要な補強ポイントを確保したように思います。

ドラフト1位の

『ジャスティス』こと、田中正義投手

は、説明不要の大学生No.1投手。

楽に150キロ超えを計測し、最速156キロとなるストレートは圧巻の一言。

そして、タフで先発完投型なところは、将来、ソフトバンクどころか、日本球界のエースとなる素質を持っています。

2016年の高橋純平投手といい、どうしてソフトバンクのドラフトは、素晴らしい先発投手の当たりくじを引き当てられるのか…。

他球団からすれば羨ましい限りでしょう。

2位の古谷投手も、最速154キロのストレートが魅力の、大化けする可能性を秘めている高卒右腕。

ちなみに、ロッテの古谷投手とは親戚のようです。

1 2 3 4
ページトップへ