横浜DeNA2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このように、2016年の横浜DeNAと比べると、2017年は、勝ち頭を失ったことがどう響くか?

これがペナントレースの行方を占う、一番の要素だと伺えます。

 

2017年の横浜の新加入選手を紹介!

続いては、2017年から横浜DeNAでプレーする補強された新加入選手です。

まずは、ドラフト指名したルーキーから。

横浜DeNAのドラフト指名選手

  • 濱口遥大
  • 水野滉也
  • 松尾大河
  • 京山将弥
  • 細川成也
  • 尾仲祐哉
  • 狩野行寿
  • 進藤拓也
  • 佐野恵太

横浜DeNAの育成ドラフト指名選手

  • 笠井崇正

こう見ると、ドラフト5位の細川選手以外は投手か内野手になっており、極端な補強をしているように思えます。

確かに、現在の横浜DeNAに足りていないのは、固定しきれない内野のレギュラーと、先発・中継ぎ投手なので、補強ポイントとは合致した指名ですね。

しかし、内野手はどちらかというと、育成して才能を開花させる方針が出ているのか、素材型の選手が多いです。

投手は、ドラフト1位の濱口投手、水野投手ともに大卒ですが、即戦力かと言われると、やや微妙。

育成をしながら、かつ2年連続Aクラス、そして優勝を目指す2017年になるので、横浜DeNAとしては、ギリギリの戦いを強いられそうな予感がします。

 

続いては、移籍によって加入した補強選手を紹介します。

まずは、本当の補強という意味で獲得した田中浩康選手からです。

田中浩康選手と言えば、いやらしい打撃が魅力な、かつてのヤクルトの主力選手。

とてつもない怪物・山田哲人選手が台頭してきたことにより、スタメンを追いやられてしまいましたが、他チームであれば、まだスタメンのチャンスはある選手でした。

1 2 3 4
ページトップへ