オリックス2017!移籍補強・ドラフト指名・新外国人選手を紹介

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まるで、

コーディエの再来

を感じさせ、オリックスファンとしては、かなり不安に思っているのではないかと思います。

ヘルメン投手には、コントロールを改善してもらい、コーディエの再来とならないことを祈るしかなさそうですね。

2017年のオリックスの新外国人選手4 ステフェン・ロメロ

オリックスの補強ポイントとして、

糸井選手の抜けた穴

という、埋めるのが非常に難しい部分があります。

とくに、糸井選手は打率が高かったので、アベレージを残せる打者の補強が必要となりました。

そこで、オリックスが目を付けた外国人選手が、ステフェン・ロメロ選手です。

ロメロ選手は外野手の28歳。

3Aでは通算351試合に出場し、

打率.299、出塁率.347

という好成績を残すアベレージヒッター。

しかし、アベレージヒッターである割には四球を選べなかったり、ひどくはないものの、三振をそれなりにしてしまう一面も…。

また、メジャーリーグでは打率.195と、全く通用していないため、タイプとしては、

阪神に在籍していたヘイグ

のような選手ではないかと思っています。

心なしか、バッティングフォームも似ていますしね。

つまり、基本的には、あまり期待してはいけない選手だと言っていいでしょう。

ロメロ選手は、スライダーやチェンジアップなどの逃げていく球に弱いそうなので、

逃げる球への対応

これが、日本プロ野球で活躍できるかのカギとなりそうです。

2017年のオリックスの新外国人選手5 ダリル・ジョージ

オリックスの補強ポイントになっているかは微妙な内野手ですが、ダリル・ジョージ選手も2017年から加入します。

ジョージ選手は、オーストラリア出身。

アメリカでは主にマイナー暮らしをしていた選手で、開幕直前に24歳となる若手。

アメリカでは、残念ながら、1Aですら全く通用しなかったみたいです。

その後、オーストラリアンリーグでプレーしていたのですが、2015年に打撃が開花!

そして2016年は、BCリーグ新潟でプレーしていました。

フリーバッティングでは、バックスクリーンに直撃し、モニターを破壊する150メートル弾を放ったそうで、

パワーが持ち味

という選手なのではないでしょうか?

打撃が開花したのはごく最近のようですし、まだまだ未知数なところが多いですが…。

ジョージ選手は、もしかしたら大化けする可能性もあるので、それなりに期待してもいいのかもしれませんね!

 

まとめ

オリックスの、2017年から加入するドラフト指名ルーキー、移籍選手、外国人選手の情報をまとめました。

新戦力は、補強ポイントである投手中心になっていますね。

野手は、割と若手が育ってきているため、糸井選手の穴をどう埋めるか、それに尽きます。

基本的には、2017年のオリックスが飛躍するには、新戦力はもちろん、

従来の選手の復調

これがカギになるのではないかな?と感じた次第です。

1 2 3 4
ページトップへ