三浦知良(カズ)の年齢で現役は驚異的!エピソードや名言も紹介

Jリーグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カズ


1994年には、イタリアのセリエAのジェノアCFCに移籍し、アジア人初のセリエAプレーヤーとなっています。

そして、クロアチア移籍などを経て、日本に帰国。

日本人選手最年長ゴールを決めたりもし、三浦知良選手(カズ)は未だに活躍を続けています。

また、2012年には、FIFAフットサルワールドカップ日本代表にも選出され、そこでもゴールを決めています。

その後も、最年長ゴールをゴン中山こと、中山雅史選手と争い、たびたび最年長ゴール記録を更新してきました。

2016年8月には、またも最年長ゴール記録を更新しました。

49歳5カ月12日

残念ながら現時点では、世界記録となる

50代での得点

はまだあげていません。

とはいえ、49歳でプロのサッカーの試合に出場し、ゴールを決める…

これがスーパーマンでなければ、なんと言うのでしょうか?

まさに、キングの愛称にふさわしい経歴と言えますね。

 

三浦知良(カズ)は年齢がいくつになるまで現役?

三浦和良

さて、それでは三浦知良選手(カズ)は、現役をいつまで続けるつもりなのでしょうか。

現在、三浦知良選手(カズ)が所属しているJ2の横浜FCのオーナーは、三浦知良選手(カズ)の大ファンだそうで、

「50歳の現役プロサッカー選手の勲章を手に引退してもらう」

と言っているそうです。

このコメントもあるように、三浦知良選手(カズ)は、実際に

50歳まで

現役を続行しています。

筆者としては、現在の三浦知良選手(カズ)の状態なら、50歳どころか、60歳の還暦まででも、十分プレーできそうだと思うくらいです。

なので、ぜひ、三浦知良選手(カズ)には、後にも先にも二度と現れることのないてててであろう、

60歳まで現役でプレー

してもらい、横浜FCのオーナーにも、

「還暦の現役プロサッカー選手の勲章を手に引退してもらう」

と言ってもらいたい…

そう思う次第です。

 

三浦知良(カズ)のエピソード・名言を紹介!

これだけ長い現役プロサッカー選手を続けてきた三浦知良選手(カズ)には、実に多くのエピソードがあります。

その中には意外なものも多いため、ここで、いくつか紹介していきますね。

三浦知良選手(カズ)は、お酒のテキーラが大好きで、

「これがおれの走るためのガソリンだ」

と、名言を語っていました。

一晩でテキーラを2本も空けてしまったこともあり、三浦知良選手(カズ)のこの名言も相まって、本当にテキーラが好きなのだと伝わってきます。

そして、次に、三浦知良選手(カズ)の愛称でもある『キング・カズ』について。

この『キング・カズ』という愛称は、1993年のワールドカップ・アメリカ大会アジア最終予選で、2ゴール1アシストの活躍をした時、地元の新聞の見出しに、

キング・カズ

と掲載されたことが、三浦知良選手(カズ)が『キング・カズ』と呼ばれるようになったきっかけだそうです。

また、三浦知良選手(カズ)は、好きな食べ物は、

おはぎ

『全国おはぎ協会会長』と、自称ではありますが、名乗っているそうです。

このおはぎ好きは、筋金入りで、なんと三浦知良選手(カズ)自身のエッセイ本のタイトルを『おはぎ』としてしまうほど。

あの『キング・カズ』と呼ばれる三浦知良選手(カズ)が、ここまでのおはぎ好きというのは、筆者としては、なんとも意外で、大きなギャップを感じてしまいます。

また、三浦知良選手(カズ)は、『11』という数字にも、強いこだわりを持っていることでも有名です。

ブラジル時代につけた背番号『11』を、今でもとても大切にしており、自身のラッキーナンバーにもしています。

藤吉信次さんが、11番をつけていた際には、

「500万で売ってくれ」

と、名言のようなジョークを言ったこともあるそうですよ。

練習のビブスも11番、車のナンバーも11番にしているらしく、また、駐車場の11番が空いていたら、たとえそこが狭かったとしても、止めようとするのだとか。

三浦知良(カズ)のエピソード

長友の試合でホテルから追い出される!?

三浦知良選手(カズ)が、インテルの長友佑都選手の試合を現地観戦に訪れた時のことです。

 

前日ホテルに会いにいったのよ。

ところが警備がすごい厳しくて、警備員に

『君、出てってくれ』

って追い出されちゃった。

そしたら長友が走って迎えにきてくれて、

『お前、なんてことしてくれんだ!』

って警備員に言ってくれた。

で、警備の人が謝りにきて、『すいません』って。

 

その警備員は三浦知良選手(カズ)のことは知らなかったようですね。

イタリアでプレーしたのは、ずいぶん前のことですから、まあしょうがないでしょう。

200個のボールに自筆サイン

三浦知良選手(カズ)がある時、ブラジルの少年たちに200個のサッカーボールを寄贈しました。

これだけならよくあることなのですが、凄いのはその200個のボール全てに、

「夢をあきらめるな カズ」

とサインしたことです。

そのため、ボールをプレゼントされた少年たちは、その後、

もらったサッカーボールのメーカーが『カズ』である

と思い込んでいたとのことです。

ゴッドファーザーカズ?

三浦知良選手(カズ)が『ゴッドファーザー』が大好きなことは、よく知られています。

よく行く店でも、来店するとBGMに必ず『ゴッドファーザーのテーマ』をかけさせるほどなのです。

1 2 3 4
ページトップへ