日本ハム2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手をチェック

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その後、インディアンスのスカウトの目に留まり、ベースボールの本場・アメリカへ渡米したのです。

アメリカでは、1試合だけメジャーリーグで登板したものの、大半をマイナーで過ごしました。

2016年のオフに自由契約となったところを、日本ハムが契約したみたいですね。

多彩な変化球を武器に、アメリカ仕込みの投球術で、日本ハムを連覇に導いてくれることを期待しましょう!

2017年の日本ハムの移籍加入選手2 公文克彦

日本ハムが、巨人との2対2のトレードで獲得したのが、公文克彦投手です。

公文投手は24歳のプロ4年目。

Wikipediaなどでは2015年からサイドスローに転向とありますが、現在はスリークォーターに戻っています。

サイド時代の2015年後半の投球フォームと比べると、現在のフォームが全く違うのは一目瞭然です。

やはり、ストレートが150キロをマークすることもあるだけに、サイドスローで球速が激減したのがよくなかったのでしょうね。

セ・リーグのあるチームを応援している筆者的には、

「クロスファイヤーが決まるようになると、山口並みのセットアッパーになれそうだな…」

というイメージを抱いていたこともあり、公文投手の飛躍を恐れていたので、実はパ・リーグへ移籍してくれたのは嬉しかったりします。

このように、公文投手は育てれば、

全盛期の巨人・山口(鉄)投手のようなセットアッパーになれる

そんな逸材です。

日本ハムの育成手腕次第とは言えますが、

期待をしていい投手

であることは、間違いないと思います。

ストレートにはキレがあるので、変化球で1つ尖った球種を覚えると、一気に活躍ができそうです。

公文投手には、日本ハムという新天地で、ぜひ1軍定着を目指してほしいですね。

補強ポイントとしては、キレのある球を投げ込む左腕ということで、合致していますね。

2017年の日本ハムの移籍加入選手3 大田泰示

巨人入団当初は、あの松井秀喜さんの背番号『55』を授かり、巨人の期待が伺えた大型大砲・大田泰示選手。

しかし、何度も何度も、

「今年がチャンスだ」

と言われながら、その才能はついに開花することなく、2016年のオフに、

日本ハムへトレード

という衝撃のニュースを持って、巨人を退団しました。

完璧に芯でとらえた時のホームランは、実に豪快な特大弾になるので、そのパワーは魅力的なのですが…。

どうも、188センチという身長が、打撃フォームと合っていないような気がしてしまいますね。

大田選手は、ちょっと身長が大きすぎるのではないかというほど、長身を持て余しているように思えるのです。

どちらかと言えば、日本ならば投手向きの長身だったのでしょう。

太田選手には日本ハムに移籍したことで、いいコーチと巡り合え、未完の大器が完成すればいいのですが…。

日本ハムで、今度こそ大田選手の才能が開花し、日本プロ野球最強スラッガーとして目覚めることを期待したいです。

 

日本ハム2017!新外国人選手エドウィン・エスコバーを紹介!

最後に、2017年から日本ハムでプレーする新外国人選手、エドウィン・エスコバー投手について調べてみました。

エスコバー投手は、まだ24歳という若さが売りの左腕。

2016年は最速154キロ、常時150キロだったというストレートが持ち味です。

縦に割れるカーブも、カーブを投げる投手の中では、空振り率が高いレベルになっています。

エスコバー投手は、メジャーリーグには、2年在籍しましたが、

25投球回で防御率7.01、WHIP1.79

という悲惨な成績。

一応、2A時代はかなり期待されていた投手のようですが、3A昇格後は、年々悪化の一途を辿っているみたいですね…。

日本ハムとしては、このエスコバー投手は、

補強ポイントであった左投手

に該当するみたいですね。

栗山監督が、

「補強ポイントであった左のパワーピッチャーの獲得が決まり、大変心強く思います」

とコメントしていますし、

1 2 3 4
ページトップへ