ロッテ2017!移籍補強・ドラフト加入・新外国人選手の戦力分析!

プロ野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

また、内野のレギュラーが定着しきれていないのも課題の1つなので、課題は非常に多いと言えそうです。

 

2017年の千葉ロッテの新加入選手を紹介!

続いては、2017年から千葉ロッテに加入する選手たちの紹介です。

まずは、ドラフト会議で指名したルーキーです。

千葉ロッテのドラフト指名選手

  • 佐々木千隼
  • 酒居知史
  • 島考明
  • 土肥星也
  • 有吉優樹
  • 種市篤暉
  • 宗接唯人

千葉ロッテの育成ドラフト指名選手

  • 安江嘉純
  • 菅原祥太

千葉ロッテの支配下ドラフト指名選手は、とても極端な結果になりました。

なんと、ドラフト7位の宗接選手以外は、

全員が投手

なのです。

つまり、それだけ、ロッテは補強ポイントとして、なによりも投手が足りていないと考えたのでしょう。

一応、中継ぎ陣は、

『伊東帝国』

と呼ばれる中継ぎがこれまでに活躍しました。

ただ使い過ぎで後半にバテたり、怪我で離脱などして、帝国は崩壊していきました。

また、先発も、涌井・石川両投手は盤石なものの、その他の先発は不足しています。

ドラフト1位は、大学注目の3投手の1人、佐々木千隼投手を獲得。

即戦力ルーキーとしての活躍に期待がかかります。

その他も、2位の酒居投手、4位の土肥投手、5位の有吉投手は社会人です。

基本的には、

即戦力投手

を中心に集めたドラフトになったように思いました。

まぁ、内野手は若手が台頭してきていますし、外野手もレギュラー候補が多く争っている現状。

いい若手が揃っているので、ロッテとしては投手以外の補強は必要がないのかもしれません。

とは言っても、内野はレギュラーが固定しきれていないどころか、ショート以外が全滅していますが…。

それと、やはり大砲不足というところが、2017年の千葉ロッテに大きく響きそうですね。

1 2 3 4
ページトップへ